青の花茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

青の花茶の効果効能・副作用

青の花茶の効果効能と副作用

期待できる効能・効果

青の花茶に含有されている成分の多くが精神安定、血糖値や脂質異常書の改善などの効果があることから、イライラしやすくそのイライラを甘いものの摂取で紛らわすという傾向がある方の肥満防止、ダイエットに効果的です。

 

また、ダイエット中に生じる食欲の抑制にも効果があるので、ダイエット中はもちろん、リバウンド防止としても用いることができます。

 

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

食事以外で甘いものを摂りたい時や、就寝前に小腹が空いた時などに利用することで、脳の願望を満たすことができると同時に、0カロリーなので肥満の防止及びダイエット効果の向上に役立てることができます。

 

就寝前に利用することにより、ダイエット効果が得られるのはもちろん、精神安定効果があるので眠りの質を向上させることができます。お茶の色が青いので、色による精神安定、安眠効果を得ることもできます。

 

副作用

稀に下痢や腹痛などの胃腸症状が生じることがあります。その他、血糖値を抑制するという作用があるので、血糖値が不安定な方や糖尿病の治療を行っている方が利用すると、低血糖が生じることがあるので注意が必要です。妊娠中や授乳中は安全性が確認されていないので利用しないようにした方がいいでしょう。

 

青の花茶の味・費用・選び方と含まれている成分

味・香り

爽やかな緑の香りとスッキリとした甘味が特徴です。何か甘いものが欲しいと思う時に利用すると心身を満足させることができます。甘くても0カロリーなのでカロリーを心配しなくても大丈夫です。

 

費用・コスト

通常価格で30パック、30日分で5680円なので、1日分1パックのコストは189円になります。

 

選び方のコツ

直販サイトでしか販売されていません。通常価格は5680円ですが、初回に限り980円で販売されています。2回目からも毎月自動で購入するコースの場合は19%オフで購入することができます。

 

歴史と販売店

2007年に設立された(株)メディアハーツという企業が発売元となっています。青の花茶以外にも、「すべての女性を美しく」をテーマに、青汁や葉酸、酵素、スムージーなどを販売して売り上げを伸ばし続けています。

 

青の花茶に含まれている成分の効能

甜茶

甜茶には抗アレルギー効果があります。有効成分は甜茶ポリフェノールで、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑制します。更に、砂糖の75倍もの甘さがあるので、砂糖の代わりとして用いることで糖の摂りすぎによる肥満を防ぐことができます。

 

アマチャヅル

サポニンが豊富に含まれているので、抗アレルギー、血糖値抑制、リラックス効果、脂質代謝の改善などの効果があります。味が甘いので砂糖の代わりとして代用することができます。

 

メグスリノキ

含有されているロドデンドロールには肝臓の働きを助ける効果や利尿作用、目の働きを助ける作用、フラボノールには動脈硬化予防、タンニンには血糖値を抑制する作用があります。

 

ラフマ

ラフマにはアドレナリンに作用して精神を安定させる働きや、血圧やコレステロールを下げる作用、抗菌作用などがあります。

スポンサードリンク

page top