半枝蓮桑茶の効能効果と副作用

スポンサードリンク

半枝蓮桑茶の効果効能と副作用

半枝蓮桑茶の効果・効能・副作用

期待できる効能効果

半枝蓮桑茶に含まれている成分は抗炎症や解毒、抗菌などと共に老廃物を排泄させるという働きが強いので、高血圧や糖尿病、各種血管由来の病気、各種ガンなどの予防、改善に対して効果を期待することができます。

 

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

冬はホットで、夏はアイスで飲むことができます。基本的には食事の前や食間など空腹時に飲用するようにします。一度にたくさん飲むと胃腸に不具合が生じる際には、数回に分けてこまめに飲用するようにします。

 

消化器系のガンの予防、改善を目的として利用する場合には、胃腸の動きが低下する夕食以降に摂るようにするといいでしょう。そうすることで胃腸への停滞時間が長くなり、抗がん作用が向上します。

 

副作用

清熱作用が強いので人によっては胃腸の働きが低下したり、体全体が冷えることがあります。タンニンが含まれているので胃痛や下痢などが生じることがあります。安全性が確認されていないので、妊娠中や授乳中は使用しないようにします。

 

半枝蓮桑茶の費用・味・成分と選び方のコツ

味・香り

独特な風味のある香ばしい香りと、甘さと苦さがミックスされた味が特徴です。苦味が嫌いな人はちょっと厳しいかもしれませんが、慣れてくると逆に病み付きになる味でもあります。

 

費用・コスト

55g入りで3,500円で販売されています。2gで800mlほど作ることができます。800mlを2日で飲みきると計算すると、1日あたりのコストは約64円になります。

 

選び方のコツ

今のところ公式サイトのみの販売となっています。1袋55g入りで3,500円、3袋セットだと、通常価格10,500のところ9,000円で購入することができます。

 

歴史と販売店

半枝蓮桑茶は静岡県袋井市に所在している「桜ネットジャパン株式会社」が製造販売しています。半枝蓮桑茶やベルナビアプリなどを販売しています。

 

含まれている成分の効能

半枝蓮

アルカロイド、フラボノイド、フェノール、タンニンなどを含み、抗炎症、抗菌、解毒、解熱、抗炎症などの効果があります。この効果により各種のガンや肝炎、肝腫大、打撲、化膿性の各種疾患などに効果があることが報告されています。

 

桑葉

桑の葉には体内の老廃物を排出するという働きがあります。この働きによって、高血圧や脂質異常症、血糖値などの改善に役立ちます。その他、リラックス効果やアンチエイジング効果もあります。

スポンサードリンク

page top