薩摩なた豆爽風茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

薩摩なた豆爽風茶の効果効能と副作用

薩摩なた豆爽風茶の効果効能と副作用

期待できる効能・効果

薩摩なた豆爽風茶に含まれている成分の多くが水分代謝を改善するものや、胃腸の働きを良好にするもの、肥満を改善する働きのあるものとなっています。

 

これにより、水太りの改善や、痰や口の粘り、胃もたれ、口臭、体臭、鼻炎、むくみや便秘などの改善に有効であるということが分かります。

 

血糖値やコレステロール、高血圧を改善するという作用もあるので、各種成人病の予防、抑制効果も期待することができます。

 

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

1日1~2回食前又は食間に利用するようにします。毎日継続的に飲用することにより、徐々に不快症状が改善されていきます。食前に飲むと食欲が低下する…という場合には、食事の後に利用するようにします。

 

就寝前に飲んでしまうと寝てからトイレに起きてしまうかもしれないので、就寝前の2時間の飲用はしないようにしましょう。それ以外の時間であれば、いつ利用しても問題ありません。

 

副作用

水分代謝を活性化するという作用があるので、人によっては頻尿になってしまうことがあります。その他、植物特有のタンニンやサポニンが含まれているので、腹痛や下痢などの不快症状が出ることがあります。妊娠中や授乳中は安全性が確認されていないので利用しないようにします。

 

薩摩なた豆爽風茶の味・費用・選び方と含まれている成分

味・香り

麦茶のような香ばしい香りと、癖になりそうなスッキリとしたお茶特有の味が特徴です。個人的には爽健美茶のような味と香りだと思いました。

 

費用・コスト

1袋30包入り定価3672円で販売されているので、1日1回分のコストは約122円になります。

 

選び方のコツ

ヤフーショッピングやamazon、楽天などで販売されていますが、公式サイトで購入するのは一番安価で購入することができます。初回は半額になりますし、2回目以降も10%オフで購入することができます。

 

歴史と販売店

平成24年に設立された株式会社スマイル・ジャパンが製造販売を行っています。薩摩なた豆爽風茶以外にも、各種健康茶やサプリメント、化粧品、歯磨き粉など幅広い商品を取り扱っています。

 

含まれている成分の効能

薩摩なた豆

なた豆には体内の余計な水分を排出するという作用や、蓄膿症や歯周病、痔、化膿などの抑制効果があります。その他、脂肪の吸収を抑制するという作用もあります。

 

黒豆

黒豆にはアディポネクチンの分泌を活発にするという働きがあるので、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの予防に役立ちます。その他、抗酸化作用による美肌作用やアンチエイジング効果、炎症抑制などの働きもあります。

 

鳩麦

鳩麦は肌や粘膜の新陳代謝を活発にする効果や、脂質や水分の代謝を促す働きなどがあります。この作用により、肌トラブルの予防や鼻や喉の粘膜の違和感改善、胃腸の働き改善などの効果を期待することができます。

 

薩摩くず草

くずには血流改善、コレステロール抑制、免疫向上、咳や痰を改善する、肝機能向上、老化抑制、肥満抑制などの作用があります。

 

赤芽柏

赤芽柏には喉から肛門までの筋肉に作用して緊張や弛緩を調整して治すという作用があります。この働きにより、喉の違和感や下痢、便秘、ガス、ゲップなどの症状改善に役立ちます。

 

クマ笹

クマ笹に含まれている安息香酸には殺菌、解毒という作用があるので、胃炎や喉の痛み、違和感、胃潰瘍、腸炎、口内炎、口臭などの予防、改善に役立ちます。その他、造血作用や老化防止、美肌作用などの効果もあります。

 

桑の葉

桑の葉にはアンチエイジング効果や血糖値抑制効果、脂質異常症改善、高血圧抑制、リラックス効果、体内の老廃物を排出するなどの働きがあります。

スポンサードリンク

page top