ハーブティー(健康茶)の農薬について

スポンサードリンク

ハーブティー、健康茶に含まれる農薬について

ハーブティー・健康茶に含まれる農薬は大丈夫?

ハーブティー、健康茶を育てるためには「農薬」を使う農家が多いという傾向があります。農薬は虫や病気を防ぐための薬なので、人間が摂取しても同じように毒となるので注意が必要です。この農薬がハーブティー、健康茶にどのように関わっているのか説明します。

農薬栽培されているものとそうでないものを区別する

ハーブティー、健康茶の栽培方法として大きく2つがあります。1つ目は農薬を使い栽培する方法、そしてもう一つは農薬を全く使わずに栽培するという方法です。農薬を使うのが一般的な方法であり、虫を手で駆除する必要がないので安価となります。

 

一方、農薬は使わない方法は無農薬栽培、オーガニックなどと呼ばれ、農薬を使わない代わりに害虫や病気を一つ一つ手で改善しなければならないので手間がかかるという特徴があります。価格も高価になります。当然、農薬が一切使われていない無農薬で栽培されたものの方が安全性が高いといえます。

 

農薬を使ったハーブティー、健康茶はダメなのか?

それでは完全無農薬以外はダメなの?という意見がありますが、日本に流通しているもののほとんどは農薬を使って栽培されたものが多いのでご安心ください。米や葉物野菜、緑茶などほとんどの農産物に農薬が使われています。しかし、農薬が沢山含まれているものは健康を脅かすことがあるので、国によって含有量が厳しく制限されています。

 

ハーブティー、健康茶も同様であり、国によって基準値が決められているので国内にて流通しているものに関してはそれほど問題視する必要はありません。海外産も日本同様に基準値が設けられているものが多いので、食品衛生法に則って残留農薬を測定し、基準値内にあるものに関しては問題ないといえます。

 

海外産のハーブティー、健康茶について

海外産のハーブティー、健康茶の中には残留農薬についての基準が整っていないというケースがあります。特に個人輸入といった形の販売形式をとっているものは、日本国内の基準が適応されていない場合が多いので注意が必要です。もし、残留農薬が心配…という場合には、「日本食品分析センター」という残留農薬を調べてくれる法人があるので、個人的に検査するという方法もあります。

 

ハーブティー、健康茶を一時的に使用するという場合にはそれほど神経質になる必要はありませんが、長期的に利用し続けるという場合には残留農薬について一度調べてみてもいいのではないでしょうか。

 

ハーブティー、健康茶の作り方による違い

一般的にハーブティー、健康茶に含まれている農薬は溶けだしにくいといわれています。残留農薬があったとしても、作る際に溶けだしにくいという特徴があるので、さほど気にする必要はないとされています。しかし、生成する方法によっては多く溶けだしてしまう場合もあるので注意が必要です。

 

ハーブティー、健康茶は急須で淹れるか、熱湯にて煮沸させるかという生成方法があります。このうち急須にて淹れる場合には溶けだす率が少なくなり、煮沸する場合には多く溶けだすという性質があります。よって、なるべく農薬が溶けださないようにしたい…という場合には、急須などで1回ずつ淹れて楽しむという方法をおすすめします。

スポンサードリンク

page top