同じ健康茶で価格が違う理由

スポンサードリンク

ハーブティー・健康茶の高価なものと安価なものとの違い

健康茶で高価なものと安価なものとの違い

同じハーブティー、健康茶なのにも関わらず、販売店、販売サイトによって価格が大きく異なることがあります。消費者としては「いったい何が違うのかな…」と疑問に思いますよね?このような価格の違いがなぜ生じるのかということについてご説明します。

 

基本的に日本産のものは高い

同じハーブティー、健康茶でも日本産のものは外国産のものに比べて価格が高い傾向になります。何故かというと、大量生産している農家が少ないことや人件費及び製造コストが高額などの理由によります。

 

沢山生産している場合には、かかっている手間が少なくて済むので価格が安くなりますが、少量しか生産していないと1品当たりの手間が多く掛かるので商品の値段が高くなります。更に、日本の農家は品質にこだわる傾向があることも価格が高くなる原因になります。日本産のハーブティー、健康茶にはこのような傾向があるので、高くても品質がいい方がいい!という方は日本産の商品を購入するといいでしょう。

 

安すぎる外国産のハーブティーは危ない?

日本産のものに関しては普段から商品を購入して使っているので、ある程度ですが安全性について問題ないと判断することができますが、外国産については分からないので「不安」と考える方がいます。これはごもっともであり、分からないもの=不安と思うのは当然です。

 

ハーブティー、健康茶に関しても同じであり、例えば中国産などは不安…と考える方がいるのも当たり前のことです。これに対してのアドバイスとしては、信頼のおける販売店から販売されているか、という点と、アフターケアや製造元の歴史はしっかりしているかという点を重視することによって見極められます。

 

信頼のおける販売店から販売されているものは、販売店のチェックが入りますので、リスクのある商品は販売されません。更に、製造元のアフターケアや歴史の長さはその企業の信頼性の高さを表します。これらをチェックして信頼のおける商品ならば安価な外国産の商品でも問題ないケースが多いと思います。

 

同じ商品ならば安い方がいい

同じ商品なのにも関わらず、あるサイトでは500円で販売されているにも関わらず、こちらのサイトでは300円で販売されているというケースがあります。このように、同じ商品にも関わらず価格が異なる場合には、安い方の商品を購入した方がお得です。

 

何か裏があるのでは?と思いたくなりますが、賞味期限やアフターケアに問題がなければ何か裏がある訳ではなく、単なる「企業努力」的な違いなので、1円でも安いところで購入した方がお得になります。しかし、相談して自分に合うものを紹介してもらっていたり、その他、健康相談を受けている、ポイントカードなどのメリットがある場合には別になります。

 

その他、パッケージや小分けなどによっても異なる

ハーブティー、健康茶の材料そのものの品質ではなく、パッケージ質や小分けの有無によっても価格は大きく変わってきます。同じハーブティーでもバラのまま袋詰めされているものと、ティーパックにて小分けされているものとでは価格が全くことなります(もちろん小分けされているものの方が高価)。

 

パッケージなども豪華に箱や瓶詰めされているものは高価で、ビニールのものは安価であるという違いがあります。このような違いや入っている内容量によっても価格が異なります(沢山入っているものほど1g当たりの価格は安くなる)。

スポンサードリンク

page top