ハーブティー・健康茶食前と食後の違い

スポンサードリンク

ハーブティーを飲むのは食前?食後?

健康茶は食前と食後どちらがいいの?

ハーブティーや健康茶を食事の前又は後に利用することによって、身体への働きに違いはあるのでしょうか?違いがあるのかどうか、違いがある場合にはどのような違いがあるのかなどを分かりやすく説明します。

 

食前に服用すると効果が早く出る

食前や食間などの空腹時に利用すると、ハーブティー、健康茶の持つ「体にいい作用」をより早く得ることができます。何故かというと、より早く有効成分が小腸に到達して吸収されるからです。それに対して食後は食べ物と混ざってしまうため、吸収されるスピードが落ちてしまいます。よって、すぐに効果を得たい!という時はなるべく食間や食前などのお腹が空いている時に利用するようにしましょう。

 

効果が早く出るものの、効き目自体に変わりはない

食間や食前などお腹が空いている時に利用すると、ハーブティー、健康茶の持つ体にいい作用をより早く得られるという説明をしましたが、得られる効果の強弱という意味ではどちらも同じになります。食後に利用した方が10の効果を得ることができて、食後の場合だと5しか得ることができない、ということはありません。どちらも10の効果を得ることができます。よって、ハーブティー、健康茶を利用して長期に渡り体質改善をしたいと思っている場合には、食事の前後にこだわることなく自分のタイミングでの飲用で問題ありません。

 

ダイエットやお通じ改善、血糖値安定の目的の場合はく空腹時を避ける

さきほど自分のタイミングでの飲用で問題ありませんと説明しましたが、ダイエットやお通じ改善、血糖値の安定が目的で利用する場合には、基本的に「食事の前」に飲用するようにします。理由としては、食事の前に飲用することで、その後に入ってくる食事の吸収抑制及び飲食物の腸内の流動性を増す効果などを得ることができるからです。ダイエットと血糖値の安定が目的の場合には糖質などのエネルギーの吸収を抑制するために、お通じの改善では飲食物の流動性(すべり)を良好にするために食事の前に利用するようにします。

 

胃腸が弱い方はなるべく食後に利用するようにする

食欲不振になりやすい、胃もたれしやすい、下痢しやすい、胃痛があるなど胃腸が弱い方、胃腸に問題がある方はなるべく食後に利用するようにします。食事の前は空腹時に利用すると、ハーブティー、健康茶に含まれる刺激物によって不快症状が出ることや、消化液を薄めてしまい消化不良の原因になることなどが考えられるため、なるべく食事の後に利用するようにします。特に小食の方は食事の直前に飲用してしまうと、食べる量が更に減ってしまうことがあるので注意するようにします。

 

自分に合った服用方法を心掛ける

色々と申し上げてきましたが、以上以外の場合には特に食前食後、食間などにこだわる必要はありません。自分の生活スタイルに合わせて利用しやすいタイミングで用いるようにします。ゆっくりできるのが寝る前だけしかないという方は就寝前に利用し、朝が一番時間がとれる時間帯という方は朝に利用するようにします。いずれにしても、毎日継続的にお続けになるという場合には、毎日飲むタイミングを決めることで、忘れずに利用することができるので、出来るだけ同じ時間帯に利用するようにするといいでしょう。

スポンサードリンク

page top