秋ウコン茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

秋ウコン茶の効果・効能・副作用

秋ウコン茶の効果効能と副作用

期待できる効果・効能

秋ウコン茶にはクルクミンと呼ばれる抗酸化物質が豊富に含まれています。これにより、コレステロールを下げる作用や、血流を改善する作用、脳の健康を維持する作用、肝臓の健康を強化する作用などを期待することができます。

 

また、胆汁の分泌を促す作用や、食欲を増進する作用、免疫力向上などの効果があるので、胆のう炎の痛みや、あぶらものによる消化不良、食欲不振、飲みすぎによる胃の不快感、胃炎、腸内環境の悪化などに対して改善効果を発揮します。

 

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

食欲不振や消化不良、胃の不快感、胃炎などに用いる場合には食事の前に利用し、その他コレステロールの改善や血流改善、脳の健康維持、肝機能改善などの目的で利用する場合には、いつでもいいので自分のタイミングで利用するようにします。

 

利胆作用が強いので比較的脂っこい食事を摂る昼食や夕食の前に摂ることをおすすめします。胆汁は脂質を分解するという働きがあるので、脂っこい食事をしたときに利用するようにするといいでしょう。

 

副作用

秋ウコン茶の副作用としてあるのが鉄過剰症です。秋ウコンには鉄が豊富に含まれています。肝機能が低下していると、体内の不要な鉄を排出することが出来にくくなるので、長期摂取すると鉄過剰症を引き起こすことがあります。

 

その他、刺激性が強いので胃痛や下痢、胃酸過多などを引き起こすことがあるので注意が必要です。更に、胆道閉鎖症や胆管結石、胆管がんなど胆道に問題がある場合には秋ウコン茶を摂取してはいけません。

 

秋ウコン茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

2g~3g×30包入りで800円~1500円が相場となっています。1包で2杯淹れることができます。30包1150円として計算すると、1杯のコストは約19円になります。

 

選び方のコツ

品質に関しては検査などを実施している日本の大手メーカーのものを選ぶようにすると間違いありません。その他、企業名と問い合わせ先などをきちんと明記している企業や、アフターケアに対応しているメーカーを選ぶようにするといいでしょう。

 

味・香り

秋ウコンはカレールーの材料として使われています。その味はちょっぴり苦くスパイシーな感じですが、嫌な感じではありません。香りは美味しい漢方薬のような感じで食欲をそそります。

 

種類や産地の違い

中国産やインド産、日本産などが流通していますが、価格にそれほど開きがないというのが秋ウコン茶の特徴です。味の方や効き目などもそれほど差がないというのが現状なので、安全性の高い信頼のおけるメーカーから購入するように心がけるといいでしょう。

 

歴史

秋ウコンはインドが原産であり、紀元前970年ごろから栽培が始まったといわれています。日本には室町時代に中国から伝わったとされており、当時は王朝の専売品として重宝されていたということです。その後、1609年頃から全国的に流通して現在に至っています。

スポンサードリンク

page top