アロエ茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

アロエ茶の効果・効能と副作用

アロエ茶の効果・効能・副作用

期待できる効能効果

アロエ茶に含まれているアロインという成分には、腸内の水分量を増やす働きや腸の蠕動運動を活発にするという働きがあります。この働きにより、腸内環境の改善や便秘改善といった効果を得ることができます。

 

また、胃酸の分泌を促し消化不良を改善する効果や、肌のターンオーバーを活性化して美肌効果を高める効果、美白効果、やけどを改善する効果もあります。

 

その他、免疫力の向上や血糖値の安定などの効果も併せ持ちます。便秘改善と美肌という働きがあることから、女性に利用されることが多くなっています。

 

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

便秘の改善や腸内環境の改善、血糖値の安定などの目的で用いる場合には、空腹時や就寝前に利用するようにすると効果が向上します。その他、美肌や美白、免疫力向上などが目的で利用している場合にはタイミングは問いませんので、自分のタイミングで利用するようにします。

 

便秘改善作用や美白作用、美肌作用などを期待して利用する場合には、効果が高まる就寝前に利用するようにするといいでしょう。寝ている間に腸を刺激してくれるので翌朝のお通じが良好になると共に、成長ホルモンなどを助けるので美肌力も向上します。

 

副作用

アロエ茶は胃腸の粘膜を刺激するという作用があるので、人によっては腹痛がしたり下痢になったりなどの副作用が出ることがあるので注意が必要です。

 

また、子宮を刺激する作用があるので妊娠中及び月経中は利用しないようにします。授乳中も安全性が確認されていないため摂取しないようにします。

 

アロエ茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

40gで800円~2000円が相場となっています。一回3g程度を用いて2杯ほど淹れることができるので、40g1400円として計算すると、1杯のコストは約52円になります。

 

選び方のコツ

ゼリー状になったものや乾燥されたものが販売されていますが、味や効能が若干異なる傾向があるので、いろいろ使ってみて自分に合うものを使うようにするといいでしょう。

 

味・香り

アロエ茶の特徴は苦みです。濃く作ると苦みが増し、薄めに作ると心地よい苦みになります。香りの方はほとんどありませんが、ちょっと青臭い香りがすることもあります。

 

種類や産地の違い

無農薬で栽培されたアロエ茶や、熟成期間が長いアロエ茶は高価となり、その他のものは安価という傾向があります。熟成期間が長いほど味がまろやかになるという傾向があるので、味にこだわる方は熟成期間の長いものを選ぶようにするといいでしょう。

 

歴史

アロエの歴史は古く、4000年前から生薬として使われていたといわれています。紀元前1550年頃のエジプトでもアロエが使われていたという記述が残されています。

 

世界三大美女であるクレオパトラの美貌はアロエで作られたともいわれています。日本には鎌倉時代に伝来したとされており、江戸時代には漢方薬として流通していたようです。

スポンサードリンク

page top