アレルギー症状の改善・緩和のお茶・ハーブティー

スポンサードリンク

アレルギー症状の改善・緩和におすすめのお茶・ハーブティー

アレルギー改善と緩和にお茶とハーブティーが良い理由

ハーブティーはアレルギーに対する民間療法の1つ

アレルギーは特定の食べ物や花粉、ダニなどに免疫が過剰に反応して、くしゃみや鼻水、発疹などを引き起こす症状をいいます。ひどい場合になると、喉の粘膜が急激に腫れて呼吸困難が引き起こされたり、アナフィラキシーショックといって急速な血圧低下やショック状態が生じたりして死に至るケースもあります。アレルギー以外の人にとっては無害なものに対して過剰な炎症反応を引き起こす症状全般をいいます。

 

アレルギー症状の改善に関しては現代医学にて様々治療法がありますが、民間療法でも様々な改善方法があります。その改善方法の一つとしてハーブティーがあります。ハーブティーにはアレルギー症状によって生じる炎症反応や痒みの原因となるヒスタミンを抑制される作用のある対症療法的な作用のあるものから、血流や免疫を活性化させてアレルギーを原因から改善に導くというものまで幅広くあります。

 

以上のように様々な種類のハーブティーがある中から自分の症状改善に合ったものを選ぶということが大事になります。アレルギー症状が強い場合には病院にてしっかり改善することが必要になりますが、症状が軽い、又は病院の治療と併用したいという場合には、ハーブティーを利用することにより症状改善に役立てることができます。

どのハーブティーがアレルギー症状改善に役立つの?

よく用いられるハーブティーとしては甜茶、菊花茶、ペパーミント茶などがあります。甜茶には特殊なポリフェノールが含有されており、優れたアレルギー抑制効果があることが分かっており、実際に利用して効果を得ている方が数多くいます。

 

菊花茶には優れた抗炎症効果があり、目や鼻粘膜、肌の炎症を抑制します。ペパーミントにはアレルギー抑制作用のあるポリフェノールが含まれていることや、抗ストレス効果があることにより症状を改善します。これら以外にもスポット的に症状を抑制する作用のあるハーブティーが多数あります。

 

アレルギーの原因は諸説色々とありますが、現在有力となっているのが清潔すぎる環境に長くいることによる「免疫の低下」や、幼少期から消化の悪いものを与えてしまう「免疫の過剰反応」です。これら要因に基づいて改善に役立てようとするならば、なるべく外遊びやガーデニングなどをするように心がけることや、幼少期の頃は消化の悪い動物性タンパク質の摂取をなるべく控えることを徹底するということが大事になります。

 

これらをなるべく子供の頃に心がけて子供のうちに治しておくようにします。これらと共に、改善や予防に役立つハーブティーを利用することにより、更に効果を高めることができます。

アレルギー症状の緩和に役立つお茶の一覧

プーアル茶

プーアル茶には水分代謝や血流を改善するという働きがあるので、アレルギーによって生じる鼻炎や目の充血の緩和に役立ちます。腸内環境改善効果があるので、全身の免疫を高めることができます。下痢便秘を繰り返す方やおならの臭いがきつい方などの体質改善におすすめです。

ルイボスティー

ルイボスティーはアトピー性皮膚炎の痒みを軽減させるという働きがあることが分かっています。ルイボスティーには強い抗酸化作用があるので、炎症による痒みや違和感の改善に役立てることができます。アトピー性皮膚炎やじんましんなどの皮膚疾患の改善におすすめです。

カモミール

カモミールに含まれる精油成分には、各種アレルギーによって生じる炎症反応を抑制するという働きがあります。交感神経を抑制するという働きが強いので、各種アレルギー症状によるイライラや不快感などの神経症状の抑制に効果的です。

ラズベリーリーフティー

ラズベリーリーフには皮膚を引き締める作用があるので、各種アレルギーによって生じる炎症反応を抑制するという効果を期待することができます。抗炎症作用が強いという特徴があるので、鼻炎や目の炎症、皮膚炎など炎症症状が強い方の改善におすすめです。

なた豆茶

なた豆茶に含まれる成分には、免疫力を高めて各種アレルギー反応を抑制する効果があることが分かっています。全身の水分代謝を改善するという働きがあるので、アレルギー症状の原因となるヒスタミンを抑制するという効果を期待することができます。鼻水や患部のむくみなどがひどい方に適応になります。

甜茶

甜茶に含まれる甜茶ポリフェノールには、優れたアレルギー抑制効果があることが分かっています。花粉症予防として用いる場合には、花粉が飛散し始める2~3週間前から飲用するようにすると効果が高まります。もちろん、症状が出てから利用しても効果を期待することができます。

べにふうき

べにふうきに含まれるメチル化カテキンには、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑制して症状を抑えるという効果があります。この成分はべにふうき特有の成分です。花粉症に対しての効果を実験したデータでは、短期、長期どちらの症状改善に効果的であったという結果が出ています。

ハト麦茶

ハトムギにはアレルギー反応を引き起こすヒスタミンや炎症物質を抑制するという働きにより、各種アレルギー症状の改善に役立ちます。肌及び皮下の水分代謝、タンパク質代謝を活性化するという作用があるので、アレルギーの改善、炎症の改善に効果的です。

菊花茶

菊花には目の機能維持や炎症抑制という働きがあるので、アレルギーによって生じる目の不快症状改善に役立ちます。菊花茶にはクサンテノンやビタミンA、ビタミンEなどの目の機能維持、炎症抑制に役立つ成分が豊富に含有されていることが効果を高める要因となっています。

ウラジロガシ茶

含まれているトリテルペンにはアレルギーによって生じる炎症を抑制するという働きがあります。外用として用いることで皮膚の蕁麻疹改善に役立てることができます。一つ注意点として、ウラジロガシには刺激性があるので、人によっては腹痛や痒みの悪化などが生じてしまうことがあります。

ペパーミント茶

含まれるミントポリフェノールには、鼻の粘膜の腫れを抑制する作用があるなど、アレルギー症状を緩和するために有効な働きを持ちます。ペパーミントにはストレス改善効果があるので、アレルギー症状によるイライラや不眠などの改善にも役立ちます。

レモンバーム茶

レモンバームには酸化ストレスを緩和させるという働きがあるので、各種アレルギー反応による影響が抑制されます。更にイライラを改善するという働きがあるので、各種アレルギーによる頭痛や食欲不振、イライラなどがある方におすすめです。

スポンサードリンク

page top