女性の不快症状に用いるお茶

スポンサードリンク

女性の不快症状に用いるお茶とハーブティー

ハーブティーは女性の不快症状を改善します

女性特有の不快症状の緩和に

女性特有の不快症状としてあるのがバストや子宮、卵巣に関連するものや、更年期障害や不妊症、PMSなど女性ホルモンに関わる症状です。女性は男性と異なり赤ちゃんを自分の体の中で育てるという役割を担っているので、それに伴う身体の特徴があります。

 

当然ですが、その身体の違いによって女性だけにしか生じない様々な不快症状があります。これら不快症状は個人によって症状の発生頻度が異なるという特徴があることから、本人の不快な気持ちが理解されないという側面もあります。

 

このような女性特有の不快症状の緩和として有効なのがハーブティーです。現在、女性特有の不快症状に対して様々な健康食品が発売されていますが、その多くがハーブティーや漢方生薬などを元に作られています。

 

女性特有の不快症状の多くは、一過性ではなく、貧血や血流の悪化、ホルモンの過不足など体の中が原因となっていることが多いので、根気強く体質改善していくという姿勢が改善に繋がります。自分の体に合ったハーブティーが見つかったならば、日々継続していくことが大事になります。

女性の不快症状に対しておすすめのハーブティーは?

ラブベリーリーフティー、黒豆茶、シベリア人参茶になります。ラズベリーリーフは古くから子宮の各種疾患に対して効果があるとされて用いられてきたという歴史があります。黒豆茶には女性ホルモンを増やす作用のある大豆イソフラボンが豊富に含まれています。シベリア人参茶も同様に女性ホルモンを増やすという働きがあります。これらの効果は科学的に証明されています。

 

以上のようにハーブティーは女性特有の不快症状軽減に役立ちますが、症状によっては子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫などの婦人科疾患が原因のこともありますので、症状が強い場合や出血がある場合、長期に及ぶ場合、妊娠したいと思っている場合などは、一度、医療機関を受診して不快症状の原因を確認してもらうようにしましょう。場合によっては命に関わることもあるので特に不快症状が強くなくても、一度でいいので検査してみることをおすすめします。

 

また、女性の不快症状と一言でいっても、冒頭にも申し上げた通り、その種類は胸の張り、違和感、月経周期の乱れ、月経前症候群、不妊症、更年期障害、不正出血、乳汁分泌など多岐に渡ります。よって、その症状に見合った対処法をしっかり見極めて対処法を選ぶということが大事になります。何が合っているか分からない場合には、闇雲に利用せずに、専門家に相談してから決めるようにすることをおすすめします。

女性の不快症状に用いるお茶の一覧

ラズベリーリーフティー

ラズベリーリーフは古くから子宮に対する効果があるとされ、婦人専門の薬として用いられてきました。効果としては陣痛の緩和、母乳の出をよくする効果、出産後の回復を高める効果、生理痛の緩和、PMSの緩和などの効果があるとされています。

黒豆茶

黒豆茶には女性ホルモン様作用のある大豆イソフラボンが豊富に含まれているので、美肌や更年期障害の改善目的で利用することができます。その他、女性ホルモンが不足していることによって引き起こされる不妊症や月経不順、不正出血などにも効果的です。

シベリア人参茶

シベリア人参には女性ホルモン様の成分が含まれているので、更年期障害の改善として利用することができます。その他、ストレスを軽減するという働きがあるので、PMSや精神不安、更年期の精神症状などを改善する効果を期待することができます。

スポンサードリンク

page top