なた豆茶の効果と効能

スポンサードリンク

なた豆茶の効果・効能と効果的な飲み方

なた豆茶の効果と効能

期待できる効果・効能

なた豆茶には体内の余計な水分を排出するという働きや腎臓のろ過機能を助ける働きにプラスして、蓄膿症や歯周病、痔疾患、各種アレルギー症状など化膿や炎症性疾患の改善効果があります。その他、脂肪の吸収も抑制する働きがあるので、ダイエット効果も期待することができます。

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

水分代謝を改善したいという場合には代謝が活発になる午前中に飲用するようにします。各種アレルギー疾患や化膿性疾患の対策、ダイエット効果を期待して用いる場合には、毎食後に飲用するようにします。

 

特に何を治すということではなく、なた豆茶を健康維持のために利用するという場合には時間にこだわることなく、一日500ml程度を喉が渇いた時に水分補給目的で飲用するようにします。ただし、寝る直前に飲むと寝てから何度もトイレに起きることになってしまうことがあるので、就寝前は摂取しないようにします。

副作用

体が弱い方が飲みすぎると、尿量が多くなりすぎてしまい、体の水分量が減少して心身の調子が悪くなることがあります。よって、頻尿になりすぎてしまう場合には、摂取量を少な目にする必要があります。その他、なた豆には毒がありますが、収穫時期を守っていれば毒の心配はありませんので、信頼のおけるメーカーの製品を選ぶことが大事になります。

 

なた豆茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

30包入りで1000円~2000円が相場となっています。急須で淹れると1包で2杯ほど飲用することができるので、1500円で計算すると一杯当たり25円のコストになります。煮込むと1包で500ml作ることができるのでかなりお得になります。

選び方のコツ

なた豆茶は製法によって味や風味が大きく異なるという性質があります。よって、いくつか試してみて好きな味、風味のものを選ぶようにします。その他、価格面や安全性なども加味して決めるようにするといいでしょう。

 

味・香り

癖や独特な味がないというのがなた豆茶の特徴です。口に含むとふんわりと香ばしい香りと共に、ほんのりとまろやかな甘みと苦みがブレンドされた味が残ります。とはいってもとても薄味であり、沢山飲めてしまうスッキリ感があります。

種類や産地の違い

なた豆には毒性があります。しかし、それは採取する時期が遅すぎることにより発生するものなので、適切な時期に採取されたものに関しては問題ありません。とはいっても、コスト的に安く品質が悪いものに関しては、安全性が損なわれているケースもあるので、なるべく国産で信頼のおけるメーカーのものを利用した方がいいでしょう。

歴史

中国では古くからなた豆茶を漢方薬として利用して来ました。主な効能は腎臓やホルモン系の働きを高めるという作用です。日本には江戸時代に中国から伝来し、縁起のいい食べ物として旅の前に食べたという記述が残されています。

スポンサードリンク

page top