スポンサードリンク

スギナ茶の副作用は?効果・効能・選び方のコツと飲み方まとめ

スギナ茶の効果効能、副作用

 

 

スギナ茶は季節性のアレルギーがある方は副作用に注意しましょう。微量にニコチンが含まれるため妊娠中の方、小さなお子様にもおすすめしませんが、だからといって危険なお茶ではありません。サポニンやケイ素・鉄・亜鉛といったミネラルが多く「ミネラルの宝庫」と呼ばれるお茶です。


 

成分 マグネシウム・カリウム・ナトリウム・サポニン・葉緑素・ケイ素・鉄・亜鉛
注目成分

ケイ素
生活習慣病の予防や、老化の抑制、美容効果が期待できます。

 

スギナ茶の期待できる効果・効能

 

スギナ茶の特徴的な成分としてケイ素があります。ケイ素は肌や骨、毛髪、爪、血管、細胞に多く含まれていることから、肌の保湿アップ、美しい爪や髪の維持、血管の健康維持に効果的です。

 

その他、クロロフィルやサポニン、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどの栄養素が豊富に含まれているという特徴があることから、脂質異常症や動脈硬化、高血圧、骨粗鬆症などの改善効果や、免疫力向上、むくみの改善などの効果も期待することができます。

 

スギナ茶の副作用

 

スギナ茶にはビタミンB1を壊すチアミナーゼという成分が含まれているので、大量には摂取しないようにします。また、微量ですがニコチンも含まれているので、妊娠中や授乳中は控えるようにしましょう。

 

更に、含有されているタンニンと二酸化ケイ素には粘膜を傷つけてしまうことがあるので、胃炎や潰瘍があるケースには用いないようにします。カリウムの濃度が高いので、腎臓の機能に問題がある方は用いてはなりません。

 

もし何か気になる症状が現れたら、すみやかに飲用を中止して医師に相談しましょう。

 

\注意が必要なお茶/

飲み方・おすすめの飲むタイミング

 

むくみや高血圧、脂質異常症、動脈硬化の予防、改善を目的として用いる際には、空腹時に飲用するようにします。その他、美容目的や免疫力向上、骨粗鬆症の予防として用いる場合は飲むタイミングは自由でいいので、都合のいい時に飲用するようにします。

 

利尿作用があるのでなるべく就寝前は用いないようにします。就寝前を避けるようにすれば、後はどのタイミングでもいいので、使用目的によって飲むタイミングを決めていくようにします。

 

味・香り

 

スギナ茶は笹のようなスッキリとした香りと、ちょっと香ばしいグリーンテイストを楽しむことができます。あっさりと飲みやすいのでどなたでも気軽に飲むことができます。

 

種類や産地の違い

 

生育が比較的簡単な植物なので、比較的安価で品質が安定しているという特徴があります。日本国内で栽培されているものに関しては品質が安定しているので、安価でも高値でも問題なく利用できるといっていいでしょう

スギナ茶の費用や選び方

費用・コスト

 

3g30包入りで600円~1200円というのが相場となっています。1包で2杯ほど淹れることができるので、30包入り900円で計算すると、1杯当たりのコストは約15円になります。

 

選び方のコツ

 

日本産で信頼のおけるメーカーのものであればまず品質に問題はないでしょう。味や香りの差があるので、自分が好むものを選んで用いるようにするといいでしょう。

Amazon・楽天などで購入できる商品紹介

漢方の生薬原材料を作る小川生薬のスギナ茶

 

 

容量 3gx40p
カフェインタイプ ノンカフェイン
原産国 日本(徳島)
賞味期限 パッケージに記載
煮出す場合 沸騰水500mlから1Lに対してティーバッグを1袋入れます。火をとろ火にして約3-5分間似出し、お好みの濃さになったらティーバッグを取り出してください。
急須の場合 ティーバッグ1袋を急須に入れ150mlのお湯を注ぎお好みの濃さになったらお飲みください。

 

楽天 Amazon

☆4
レビュー(70件)
1,512円

☆4
レビュー(181件)
1,512円

※2022年8月現在

 

 

‎宮崎県・兵庫県産【がばい農園 スギナ茶】

 

 

容量 2g×40包
カフェインタイプ ノンカフェイン
原産国 日本:兵庫県・宮崎県産
賞味期限 パッケージ裏面に記載
煮出す場合 水600mlを沸騰させ、お湯を急須などに注ぎ5分ほど蒸らしてください。 「煮出しておいしく」 ヤカンに600mlのお水を用意。沸騰させた後弱火にし、ティーパックを1包入れて5分ほど煮出す。
急須の場合 水600mlを沸騰させ、お湯を急須などに注ぎ5分ほど蒸らしてください。

 

楽天 Amazon

☆4.5
レビュー(124件)
1,682円

☆4
レビュー(57件)
1,682円

※2022年8月現在

 

 

 

歴史

 

スギナは古くから中国の漢方薬、インドのアーユルヴェーダにて民間薬として解熱、咳止め、去痰、止血、皮膚炎、冷え性、腎臓の強壮などの目的で利用されてきました。日本では江戸時代にヨーロッパから伝えられたとされています。

お茶の種類-あいうえお順-(全70種類)