血圧を下げるお茶・ハーブティー

スポンサードリンク

血圧を下げるおすすめのお茶・ハーブティー

ハーブティーは高血圧予防に効果的です

日本では約4000万人が高血圧とされており、30歳以上の男性の約50%、女性の約40%が高血圧であるというデータがあります。高齢になるとその割合は更に増えて3人に2人は高血圧になるといわれています。血圧は血管に対する血液の圧力を示し、圧力が増してしまうと高血圧となり、血管からの出血、心臓や腎臓の機能低下などのリスクが高くなります。命に関わる疾患と直結する症状なので、早期に対策しなければなりません。

 

高血圧の対策方法の一つとしてハーブティーがあります。各種ハーブティーには高血圧の原因となる動脈硬化の予防に役立つものや、水分代謝を改善するものなどがあり、特に高血圧の予防に効果的です。このような傾向があるものの、その作用は強いものではないので、病院にて治療を要すると判断されている場合には、病院での治療を主として、ハーブティーは補佐として利用するというスタンスを守る必要があります。

血圧の安定としてよく用いられるハーブティーは?

シナモンティー、ハブ茶、リンデン茶などがあります。シナモンティーには毛細血管血流を改善する働きや、神経の高ぶりを改善して血管の収縮を抑制するという働きによって血圧を安定させます。ハブ茶には脂質代謝を促進するという働きがあるので、動脈硬化予防として用いることができます。

 

リンデン茶には優れた鎮静作用や抗酸化作用があり、神経の高ぶりによる高血圧や高血圧の原因となる動脈硬化を予防するという働きがあります。これらハーブティー以外にも、色々な高血圧の要因を解決するお茶が用意されているので、高血圧予備軍の方や、血圧の薬を飲んでいるけどあまり安定しない、これ以上高血圧を進行させたくないという方におすすめです。

 

高血圧の最大の要因となっているのが「血管の硬化」です。老化やストレス、脂質の摂りすぎ、運動不足などによって血管の壁が硬くなってしまうと、いくら食事を節制したり運動を行ったとしてもなかなか正常値に戻すことができません。大事なのは、血管を硬くさせないように努めることです。

 

血管壁はストレスによる活性酸素、脂質や糖質の過剰摂取による変性、運動不足による伸縮性の低下、老化による硬化が主な要因となります。これらを要因となるものを日常生活から排除していくと共に、血管の内皮細胞の生まれ変わりを促すタンパク質やコレステロール、抗酸化物質などを適度に補っていくことが大事になります。各種ハーブティーには脂質や糖質の吸収を抑制するものや、活性酸素を抑制する効果があるものが多数あるので、予防として利用し続けるのはとても有効な手段です。

血圧の安定に役立つお茶の一覧

杜仲茶

杜仲には副交感神経に作用して全身の緊張を取り除き、穏やかに血圧を低下させるという働きがあります。更に利尿作用による血圧安定効果もあります。また、代謝を活性化して体力の低下を補うという働きがあるので、虚弱体質や老化がある方の高血圧でお悩みの方におすすめです。

ルイボスティー

強い抗酸化作用によって、全身の炎症反応や動脈硬化を抑制して血圧安定に貢献します。活性酸素は一日中発生し続けて血管を硬化させるので、1日3回程度に分けて、こまめにルイボスティーを飲用して活性酸素を改善することが高血圧予防に繋がります。

マテ茶

マテ茶に含まれるコリンは血管を拡張させて血圧を下げるという効果があります。その他、含まれているカリウムにも血圧降下作用があります。また、食事によって入ってくる脂質の吸収を阻害するという働きがあるので、脂質の摂りすぎによって生じる動脈硬化を予防するという効果もあります。

玄米茶

玄米茶は動脈硬化の原因となるコレステロールや中性脂肪の吸収を抑制する作用や、リラックス作用があることにより高血圧改善に効果的です。その他、血流改善効果のあるビタミンEも含まれていることによっても血圧安定に貢献します。イライラしやすい方の高血圧におすすめです。

シナモンティー

シナモンには全身をリラックスさせる働きや血流を良好にする働きがあるので、血圧の安定効果を期待することができます。シナモンには体を温めるという働きがあるので、冷えを自覚しやすいからの高血圧の改善におすすめです。

なた豆茶

なた豆茶には体内の停滞する余計な水分を体外に排出するという働きがあるので、血圧の安定に貢献します。水分代謝が悪くむくみやすい方や、尿量が少ない方、水分摂取量が多い方などの血圧安定におすすめです。

明日葉茶

明日葉茶に含まれるカルコンには、高血圧の原因になる動脈硬化を予防するという働きがあります。その他、便秘の解消やダイエット効果もあることから、肥満や食べ過ぎの傾向がある方の高血圧改善に効果的です。食前に利用することで効果を得ることができます。

緑茶

緑茶に含まれるカテキンには抗酸化作用があり、高血圧の原因となる動脈硬化を予防します。更に脂質の分解を促進させる効果も高血圧予防に働きます。またリラックス作用やストレス耐性を高める作用などもあるので、神経の高ぶりによる高血圧の改善にも効果的です。

どくだみ茶

どくだみには体内の余計な水分を排出させるカリウムを多く含んでいるので、高血圧改善に対する効果を期待することができます。利尿、排便作用が強いという特徴があるので、食べ過ぎや飲みすぎが原因で血圧が上昇している方に効果的です。

黒豆茶

黒豆に含まれるアントシアニンには動脈硬化を抑制する効果があることが分かっています。その他、サポニンやカリウムなど血圧を下げる効果のある成分が含有されています。摂りすぎるとホルモンバランスに乱れが生じることがあるので注意するようにします。

トウモロコシの髭茶

トウモロコシの髭茶には利尿作用があるので、水分代謝が滞ることによって生じる高血圧の改善に役立ちます。その他、利胆作用があるので、肉類を多く食べる方の高血圧におすすめです。食前に利用することで効果を高めることができます。

タラの葉茶

タラの葉には水分代謝を高めるカリウムや血流改善に有効なビタミンEが含まれていることにより、血圧の安定効果を期待することができます。効果を得るためには、食事の後に飲用するようにすることが求められます。カリウムが多く含まれているので腎機能に問題がある方は注意して利用しなければなりません。

ヤーコン茶

糖質や脂質の吸収を抑制するという作用によって、高血圧の原因となる動脈硬化や血流の悪化を改善することができます。特に食べ過ぎや甘いものの摂りすぎ、アルコールの飲みすぎによって血圧が上がってしまっている方の改善に役立ちます。

そば茶

そばに含まれるルチンには毛細血管の血流を改善するという働きがあるので、高血圧や動脈硬化、血管からの出血などの予防、改善に役立ちます。ビタミンCと一緒に摂ると動脈硬化予防効果が高くなるので、なるべく意識して摂取するようにするといいでしょう。

ハブ茶

ハブ茶には血液中の脂質を抑制するという作用があるので、高血圧の原因となる動脈硬化の予防に役立ちます。更に、血管の柔軟性を高める作用のあるビタミンAも含まれていることから、相乗効果で血圧安定に効果を発揮します。

クコの実茶

クコの実には血管の健康維持に役立つフラボノイドやビタミンCが豊富に含まれているので、高血圧の原因になる動脈硬化の予防、改善に効果的です。クコの実は漢方の世界では老化防止に用いられていて効果を上げていることから、老化による高血圧の予防、改善に用いることができます。

イチョウ葉茶

イチョウ葉には血管を正常に拡張させるという作用があるので、緊張やストレス、老化による高血圧の改善に役立ちます。また、血栓の原因となる血小板が固まるのを防止するという働きもあることから、高血圧によって生じる各種血管由来の病気予防にも効果的です。

リンデン茶

リンデン茶には精神的ストレスを緩和させる作用や動脈硬化を抑制する作用があることにより、ストレスや老化、肥満による高血圧予防に役立ちます。このような作用があるので、精神的に安定しない方や、心臓や腎臓に不安がある方の血圧安定におすすめです。

スポンサードリンク

page top