ハト麦茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

ハト麦茶の効果効能と効果的な飲み方

ハト麦茶の効果効能

ハト麦茶の効果・効能

ハト麦には水分代謝やタンパク質の代謝を促進するという働きがあるので、むくみや肌荒れなどを改善します。更に、鼻炎や皮膚炎などのアレルギー疾患の症状緩和や、胃の健康を維持する働き、免疫向上効果なども併せ持ちます。

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

美肌や肌トラブルの改善が目的で利用する場合には、肌代謝が活発になる夜に摂るようにします。むくみや各種アレルギー症状などの緩和、免疫向上、胃の健康維持目的で用いる場合には、1日3回食事の前に摂るようにします。

 

ヨクイニンの効果をしっかり得たい場合には、吸収がよくなる空腹時に飲むことが大事になります。食べ物と混ざってしまうと、有効成分が食物繊維に絡め取られて便と一緒に排出されてしまうからです。

 

また、一度に大量に摂るのではなく、1日3回ほどに分けて少しずつ摂ることも大事になります。

副作用

ハト麦は小麦とよく似た分子構造を持っているため、小麦アレルギーの方は症状が出てしまう恐れがあるので注意して利用するようにします。

 

その他、ハト麦茶には体の熱を冷ますという働きや、水分を外に出すという働きがあるので、体が冷えて乾燥気味という体質の方は、症状が悪化してしまうことがあるので注意して用いるようにします。

 

ハト麦茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

30包入りで700円~1200円くらいが相場となっています。1包で1リットル作ることができるので、30包1000円で計算すると、一杯(約200ml)のコストは7円になります。一日分は×3回になるので21円になります。

選び方のコツ

ハト麦茶はヨクイニンという名で漢方薬として流通しています。よって、漢方生薬を取り扱っているメーカーのハト麦茶を利用することにより、品質、安全性共に質の高いものを選ぶことができます。漢方生薬を取り扱うメーカーはチェック体制が厳しく品質のばらつきが少ないからというのが理由になります。

味・香り

味・香り共に麦茶によく似ています。麦茶より雑味がなくほのかな甘みがあり、まろやかな感じがします。口に含むと、とうもろこしのような香ばしい香りが広がります。「飲みやすい」という言葉が一番ピッタリ来るお茶といっていいでしょう。

種類や産地の違い

原産地は日本、韓国、中国、東南アジアなどが日本で流通しています。日本製のものは価格が高く、人件費の安い中国や東南アジア産のものは安い傾向があります。このような傾向はあるものの品質による違いはそれほど大きくありません。

歴史

紀元前1500年頃にインドでハト麦の栽培が広まり、その1500年後に中国(後漢時代)へ伝わったとされています。日本に伝わったのは江戸時代で、学者・貝原益軒は病気の後や体力の回復にハト麦を処方していたと記されています。その後、1884年に厚労省がハト麦を保健食として推奨して現代に至っています。

スポンサードリンク

page top