スポンサードリンク

タンポポ茶の効果・効能・副作用|選び方のコツと飲み方

タンポポ茶の期待できる効果・効能

 

タンポポの根には毒素を排泄する働きがあるので、血流改善効果や肝臓、胃腸の働きを向上させる作用を得ることができます。この働きにより、肝臓や胆嚢の疾患や胃腸の機能低下、冷え性、母乳の出をよくすることなどに用いられています。

 

また、イヌリンという成分も多く含まれていることから、便秘や高血圧、高血糖、脂質異常症の改善に対する効果も期待することができます。更に、苦み成分によって新陳代謝の活性も行われることから、ダイエット効果を得ることができます。

飲み方・おすすめの飲むタイミング

胃腸や肝臓の働きを向上、冷え性、母乳の出を改善、高血圧、高血糖、脂質異常症の改善に用いる場合には食事の前に利用し、ダイエット効果を高める場合には運動や仕事の直前に用いるようにします。なるべくホット~常温のものを用いるようにします。

 

タンポポ茶には代謝を活発にするという働きがありますので、なるべく代謝が活発になる朝~夕方までに利用するようにするといいでしょう。代謝が高い時間帯に利用することにより、高血圧や高血糖、肥満の改善に効果的に働きます。

 

味・香り

 

タンポポの根100%のタンポポ茶の味はコーヒーと爽健美茶を足して2で割ったような味がします。苦いような香ばしいような味がして、香りもちょっと苦い感じがします。苦みが苦手という方はちょっと辛いかもしれないので、他のお茶とブレンドされているものを選ぶようにした方がいいでしょう。

 

種類や産地の違い

 

純粋に西洋タンポポの根だけが成分となっているタンポポ茶はどの製品を用いても価格差はなく、価格差がある場合は企業による割引の違いの差がほとんどです。

 

その他、価格差の違いの理由となっているのが、タンポポの根意外にブレンドされている成分の違いです。高価な成分が含有されている場合は高くなり、逆に安価なものがブレンドされている場合には安くなります。

 

タンポポ茶の副作用

 

タンポポ茶には胃腸に対して刺激性があるため、人によっては胃酸過多や胃痛、腹鳴りなどの不快症状を引き起こすことがあります。

 

また、胆のう炎や胆道閉鎖、閉そく性イレウスがある場合には症状を悪化させてしまうことがあるので、使用しないように留意する必要があります。その他、血圧や血糖値を下げるという作用があることから、低血圧や低血糖にも注意が必要になります。

タンポポ茶の費用や選び方

費用・コスト

 

30包入りで1500円~2000円が相場となっています。1包当たりティーカップ3杯程度淹れることができます。30包入り1750円と計算すると、1杯当たりの単価は19円になります。

 

選び方のコツ

 

タンポポの根だけがお茶になっているものを選ぶのか、それとも他の成分がブレンドされているものを選ぶのかによります。味や効能効果、金額などを考慮し、自分に合ったものを選ぶようにするといいでしょう。

Amazon・楽天で評価☆4以上の商品紹介

 

 

容量 9.0g×60包
カフェインタイプ ノンカフェイン
原産国 日本:桜(国産)、タンポポ(国産)、ヨモギ(国産)、ドクダミ(国産)
賞味期限 パッケージに記載
飲み方 抹茶のような粉末状でお水やお湯に入れてすぐ飲むことができます。一杯ずつ使える個別包装だから持ち運びも便利です。

 

「ほほえみ美肌茶」はPMS(生理前のイライラ、肌荒れなど)でお悩みの方や、妊娠中や授乳中の方にもおすすめのノンカフェインのお茶です。

 

ヨモギ、タンポポ、サクラ、ドクダミの4つの素材はすべて国産、薬学博士がブレンドした上品な味と香りで口コミもよいものばかりでした。

 

「ほほえみ美肌茶」の口コミ・評判
  • 娘のPMS対策で飲んでいます。おいしくてリラックスできる味と香りです。
  • 飲み始めて肌の調子がよくなってきました。緑茶などに入れても飲めるので楽しんで使っています。
  • 妊娠中に飲んでいたタンポポ茶よりもおいしくて飲みやすいです。

 

定期購入は初回2,960円、2回目からは3,960円なので、安く継続したいという方はおすすめです。回数の制限などもないので、気軽に楽しむことができます。

 

通常価格 定期価格

1回目
4,400円

1回目
2,960円

2回目
4,400円

2回目
3,960円

 

 

楽天 Amazon

☆4.5
レビュー(10件)
4,104円

☆0
レビュー(0件)
4,400円

※2022年4月現在

 

 

歴史

 

西洋タンポポは古くからインドやアラビアなどで肝臓や胆嚢の不調、リウマチなどの体質改善として用いられてきました。北米の先住民、イロコイ族では腎臓病や皮膚病、むくみの改善として用いてきたという歴史があります。

 

日本でも、民間薬として食欲増進、利胆作用、便秘の解消、母乳の分泌促進の目的で利用されてきました。

お茶の種類-あいうえお順-(全70種類)