玄米茶の効果・効能

スポンサードリンク

玄米茶の効果・効能と効果的な飲み方

玄米茶の効果効能

玄米茶の効果・効能

玄米茶には肥満や糖尿病、コレステロールの吸収を抑制する働きがあります。この働きにより、ダイエットや糖尿病の予防、高血圧の予防、動脈硬化予防、脂質異常症の改善などに用いられています。

 

その他、リラックス効果のあるGABAやテアニン、γオリザノール、抗酸化作用が強いビタミンEが含まれていることから、精神安定、老化防止などの効果も得ることができます。

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

ダイエットや糖尿病、高血圧、動脈硬化の予防、脂質異常症の改善などの目的で用いる場合には、食事の直前、食事中に摂取するようにします。

 

その他、血流の改善目的で用いる場合には食事の直後に摂取し、精神安定、安眠作用を期待して用いる場合には精神が落ち着かない時、就寝前などに摂取するようにします。

 

おすすめのタイミングは毎食前に飲むという方法です。毎食前に飲用することにより、リラックスすることができるので、胃腸の働きがよくなり食事を美味しく頂けることや、食事によって入ってくる脂質やコレステロールの吸収を抑制するという効果を得ることができるからです。

副作用

副作用としてカフェインの含有がありますが、コーヒーの6分の1という量なのでそれほど気にする必要性はないといえます。その他、主だった副作用などはないので、緑茶や玄米にアレルギーがある場合を除いて副作用を心配する必要はありません。

 

玄米茶の相場と選び方・味や産地と歴史

費用・コスト

玄米茶は40~50包入りで400円~1000円くらいで販売されています。急須にて1袋で2杯ほどを楽しむことができます。ざっと計算すると、1杯7円くらいで楽しむことができます。

選び方のコツ

日本製の玄米茶であれば品質の方はそれほど変わらないと思うので、選ぶときのコツは「味」に限定されます。玄米茶は玄米を炒って用いるので、炒り加減や使っているお米によって味が異なりますので、自分が好む味のものを選ぶことが求められます。

 

味・香り

玄米茶はその名前の通り炒った玄米(もち米)と同じ量の番茶(煎茶の三番茶・四番茶)で作られているため、香ばしいお米の味にほんのり煎茶の香りが混ざるといった味・香りがします。ほっこりと安心できる味と表現することもできます。

種類や産地の違い

玄米茶の価格差は使われているお茶の質による違いが大きいようです。通常、玄米茶に使われる茶葉は3番茶・4番茶や煎茶を選定する際にはじかれたものなど、グレードの低いものが用いられます。この茶葉の価格の違いによって玄米茶の価格も異なるようです。

歴史

諸説がありますが、玄米茶は明治の後期から出回り始めたといわれており、高価なお茶を飲むために玄米や豆類を混ぜたという話や、硬くなった鏡餅を煎茶に混ぜて飲み始めたのが最初というなど色々な話があります。

スポンサードリンク

page top