ハーブティー・健康茶の飲み方

スポンサードリンク

ハーブティー・健康茶飲み方ワンポイント

ハーブティー・健康茶飲み方ワンポイント

ハーブティー、健康茶を利用しているという方はもちろん、これから利用してみたいという方のために飲み方のワンポイントアドバイスをご紹介したいと思います。色々な飲み方を知っていると、飽きず飲み続けることができます。

 

基本的にはアイスかホットで

ハーブティー、健康茶の多くは味と香りを同時に楽しむものなので、基本的には淹れたてのホットで楽しむのが普通です。ホットで飲むことによって胃腸にも優しいですし、香りが強くたつので香りによるリラックス効果も得ることができます。

 

しかし、暑い夏や風呂上りなどで体が火照っている時などは、熱いものよりも冷たいものの方が受け入れやすいので、アイスにして利用するようにします。暑い時に熱いものもいいですが、体が求めない温度のものを口に入れても美味しいと感じないばかりか、胃腸の動きも悪くなるということが分かっているので、体が求める温度のものを口にするようにすることが求められます。

 

酸味や甘味を加えて変化を付ける

ハーブティー、健康茶を飲む時にレモンなどの酸味や、蜂蜜などの甘味を加えると飲みやすくなります。その他、昆布茶をブレンドしたり、梅干を入れたりするブレンド方法もおすすめです。変わったところではヨーグルト割りやジンジャーエール割り、牛乳割り(ガムシロ入り)などもあります。これらはハーブティー、健康茶の種類によって合う合わないがあるので、何が合うか最初は少量から試してみるようにして下さい。自分の好きなジュースなどを合わせるという方法もあります。

 

ブレンドするという方法もアリ

色々なハーブティー、健康茶を自分なりにブレンドして利用するという方法もあります。ハーブティー、健康茶は作用が穏やかなので、特にコレとコレはブレンドしてはいけないということはありません。自分に合うハーブティー、健康茶を2~3種類ブレンドして利用するようにすると楽しみが広がります。一つ注意したいのが、ブレンドする時は「量に注意」しなければなりません。3種類ブレンドする場合には各々一回量1/3ずつにしなければなりません。全て一回量淹れてしまうと濃くなりすぎてしまいます。

 

1回で飲むより数回に分けて飲んだ方がいい

ハーブティー、健康茶を継続的に利用するという場合には、1日1回で沢山飲用するよりも、数回に分けてこまめに飲用する方が効果的です。1度に大量に摂取してしまうと、吸収時にロスが出やすいので作用が出にくくなることや、胃腸への負担が増えることなどにより体への効果が減少してしまうというデメリットがあります。よって、1日3回程度に分けてこまめに摂取するようにすることが効果的です。胃腸が弱い方や小児、高齢者は特に負担が大きくなってしまうので、こまめに利用するようにすることをおすすめします。

 

胃腸が弱い方は体温以上で

先ほど自分が好む温度で利用する方がいいと書きましたが、胃腸が弱い方は体温以上の温度で利用することをおすすめします。胃腸という臓器は冷やしてしまうと機能が低下してしまい、食欲不振や消化不良などを引き起こします。その他、病中病後、小学生以下の子供、高齢者、体が弱い方、冷え性の方なども常温以上の温度で飲用するようにしましょう。

スポンサードリンク

page top