スポンサードリンク

蓮芯茶の副作用は?効果・効能・選び方のコツと飲み方まとめ

蓮芯茶の効果効能と副作用

 

 

ベトナムでよく飲まれている蓮芯茶。蓮の実の真ん中に入っている緑色の芯(胚)部分をお茶にしたものです。蓮芯茶に含まれるアルカロイド類はメンタルサポート効果があるということで、人気が出ているお茶です。


 

成分 アルカロイド類、タンニン、フラボノイドなど
注目成分 アルカロイド類

リラックス効果、安眠サポート効果、神経痛・消化器トラブルに効果が期待出来ます。

 

蓮芯茶の期待できる効果・効能

 

蓮心茶には自律神経のバランスを整えるという働きがあります。この作用により、イライラや不安感、精神が不安定なことによって生じる胃腸の不具合、動悸、不眠などを改善します。

 

また、糖質やビタミンB群、カリウム、カルシウムなどが豊富に含まれているので、疲労回復、むくみの改善、利尿作用、高血圧、骨粗鬆症などの改善効果も期待することができます。他にも、自己免疫疾患の予防や抗炎症効果などの効果もあるという報告もあります。

 

 

蓮芯茶の副作用

 

蓮心茶にはカリウムが多く含まれているので、腎機能に問題が生じている方は注意して利用するようにします。

 

また、自律神経の働きを整えるという働きがあるので、人によっては、全くやる気が出ない、気力もエネルギーもないという症状が悪化することがあります。もし、体調が悪化したという場合には速やかに服用をやめるようにします。

飲み方とおすすめの飲むタイミング

蓮心茶には気分を安定させるという効果があるので、基本的には夕方~就寝前の時間帯に用いるようにすると効果的です。しかし、午前中にイライラや焦り感がある場合には、こだわることなく用いるようにするといいでしょう。

 

体力が低下気味の人の膀胱炎や尿の出渋りに効果があります。何度も膀胱炎を繰り返す、いつも尿がスッキリと出ないという症状がある場合には、病院の治療と併用して蓮茶を利用するといいでしょう。

 

味・香り

 

香りの方はそれほど強いものではなく、ほんのりと蓮の花の香りがします。味の方は蓮心特有の苦みが特徴です。苦味があまり得意じゃないという場合は、緑茶とブレンドすると美味しく飲むことができます。

 

種類や産地の違い

 

中国やタイなどの海外産がほとんどを占めています。よって、価格差がほとんどないというのが現状となっています。今回私がご紹介したのは蓮心茶ですが、その他、蓮の葉を材料にしたものもあります。価格は蓮心も葉もあまり差がありません。

蓮芯茶の費用や選び方

費用・コスト

 

(蓮心茶)50gで1500円~1700円が相場となっています。3gで2杯ほど淹れることができるので、50g1600円で計算すると、1杯のコストは約32円になります。

 

選び方のコツ

 

蓮心茶はインターネット販売や漢方薬店で販売されています。どちらも質がよく効果的には問題ありませんが、漢方薬店で購入する方が若干価格が高いというのが一般的です。その代わりとしてアフターケアや説明が充実しているという点があります。どちらか自分が利用しやすい方を選ぶようにするといいでしょう。

Amazon・楽天などで購入できる商品紹介

Amazonのおすすめ蓮芯茶

 

 

容量 240g(120g×2)
カフェインタイプ ノンカフェイン
原産国 中国
賞味期限 保存期間は18ヶ月
飲み方 約3gのお茶に約200ccの熱湯を入れて、1~2分抽出させます。3~4回はお楽しみいただけます、ほんのりとしたほろ苦さが特徴です。

 

楽天 Amazon

取り扱いなし

☆4
レビュー(15件)
2,580円

※2022年8月現在

 

 

楽天でのおすすめの蓮芯茶

 

 

容量 40g
カフェインタイプ ノンカフェイン
原産国 中国
賞味期限 商品に記載

 

楽天 Amazon

☆5
レビュー(2件)
810円

取り扱いなし

※2022年8月現在

 

 

歴史

 

インドでは紀元前3000年前から蓮を食用や宗教用として利用されてきました。中国でも古来より皇帝への貢物や漢方薬として重宝されてきたとされています。

 

日本でも弥生時代の地層に描かれていたのが発見されており、古くから親しまれてきたことが分かっています。

お茶の種類-あいうえお順-(全70種類)