アマチャズル茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

アマチャズル茶の効果効能・副作用

アマチャズル茶の効果と効能、副作用

期待できる効果・効能

アマチャヅル茶にはジンセノサイドやプロトパナキサジオール、ギペノサイドと呼ばれるサポニンが豊富に含まれているので、心臓の働きを助けたり、肝機能強化、抗アレルギー、血糖値抑制、リラックス効果、脂質異常症の改善、老化抑制、血圧降下などの効果を得ることができます。

 

また、動脈硬化を抑制したり、毛細血管を強くする効果のあるフラボノイドを含んでいるという特徴もあります。その他、民間療法として喘息や気管支炎、花粉症、胃潰瘍などにも用いられています。

 

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

リラックス効果や咳止め作用などすぐに効果を得たい場合には食前や食間などの空腹時に利用するようにし、逆に老化防止や毛細血管の強化、高血圧予防など体質改善としてじっくり用いる場合には、食後に利用するようにすると効果的です。

 

胃腸が弱いという方はアマチャヅル茶の刺激が胃痛や下痢などを引き起こすことがあるので、空腹時ではなくお腹に何か入っている時に利用するようにすると症状を緩和させることができます。

 

アマチャヅル茶の吸収をよくするには胃腸の動きが活発になる時に飲むようにします。胃腸が活発に動くのは食事の時なので、食事の直前や直後に飲むようにすることが求められます。

 

副作用

アマチャヅル茶に含まれているサポニンには、消化器系の粘膜を刺激するという作用があることから、人によっては吐き気や下痢、腹痛、腹鳴りなどの症状を引き起こすことがあります。これらの症状が出た場合には服用をやめるか、様子を見ながら続けるようにします。

 

その他、各種医薬品と相互作用を起こすことがあるので、慢性疾患によって処方薬を服用している場合には、アマチャヅル茶を用いる前に主治医や薬剤師と相談してから用いるようにします。また、妊娠中や授乳中の方は安全性が確認されていないので使用しないようにします。

 

アマチャズル茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

2g×30包で700円~2000円くらいが相場となっています。一包当たり2杯淹れることができるので、30包入りを1350円で計算した場合、1杯当たりの価格は約23円になります。

 

選び方のコツ

アマチャヅル茶は産地によって味が若干異なるという特性があります。よって、自分が好む味のものを選ぶということが大事になります。いくら体にいいからといっても、不味いものは長続きさせることができません。

 

味・香り

アマチャヅルは感じで書くと甘茶蔓となります。この漢字からも分かる通り、甘い味が特徴です。濃くするほど苦みが出てきます。香りの方は緑茶のような乾いた草の香りがします。

 

種類や産地の違い

日本産は外国産に比べて若干割高になります。また、生薬がそのまま袋に入っている場合は安く、ティーパックに小分けされているものは高いという傾向にあります。外国産も日本産もそれほど品質に差はありません。

 

歴史

中国では明の時代に気管支炎や肝炎、消化管潰瘍などの民間薬として使われていたという記述があります。日本でも、1977年に薬用人参と同様の有効成分であるサポニンが含まれていることが研究によって確かめられ、その後、様々な健康を期待して民間薬やサプリメントなどに利用されています。

スポンサードリンク

page top