ごぼう茶の効果・効能

スポンサードリンク

ごぼう茶の効果・効能とおすすめな飲み方

ごぼう茶の効果効能

ごぼう茶の効果・効能

ごぼう茶の代表的な効果としてあるのが便通を促して腸内環境を整えるという作用です。更に、動脈硬化予防効果や炎症抑制作用、血糖値の改善作用、老化防止作用などがあります。これらが相乗効果となりダイエットや便秘解消、美容目的で用いる方が多くなっています。

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

ダイエット効果や血糖値を安定させる効果などを期待する場合には、食事の直前又は直時中に飲むようにします。美容目的、老化防止目的で用いる場合には自分のタイミングで時間を問わず飲むようにします。便秘の改善を目的としている場合には就寝の1~2時間前に摂取するようにします。

 

ごぼう茶には食物繊維が豊富に含まれている為に、食事の直前に飲むことによって食事によって入ってくる糖質や脂質の吸収を抑制するという働きがあります。

 

この働きにより、現代病といわれている糖尿病や高血圧、脂質異常症などを予防することができるので、健康維持という目的を得るには食事の直前に飲むという方法がおすすめです。

副作用

ごぼう茶にはサポニンという土中の雑菌から自らを守るバリアがあるため、胃腸の蠕動運動を亢進させすぎてしまうということが懸念されます。

 

この作用によって便秘が解消されるというのもあるのですが、人によっては胃腸の動きが活性化されすぎてしまい、胃痛や腹痛、下痢などが引き起こされることがあります。胃腸虚弱者や体力が低下している場合には症状が強く出ることがあるので注意するようにします。

 

ごぼう茶の相場や選び方・種類や歴史

相場・コスト

おおよそ日本国内で流通しているごぼう茶の価格は30包で500~1000円となっています。国内にはごぼうが安価で多く流通しているというのが背景です。

 

品質によるバラつきも少なく、国内産であればそれほど価格差による品質の違いを気にしなくても大丈夫です。ごぼう茶のティーパック30袋あたり1300円で計算すると、一杯当たり約14円程度となります。

選び方のコツ

メーカーによって味が多少異なるので、長く続ける場合には「味」にこだわるようにしましょう。嫌いな味のものは続きませんし、ストレスを感じるので胃腸の動きも悪くなります。よって、なるべく色々と試してみて自分に合うものを選ぶことが大事です。

 

味・香り

ごぼう茶の味はイコールごぼうの味といってもいいでしょう。ごぼう特有の土の香りが広がり、飲む人に安心感を与えます。とはいっても、ちょっと苦味があるので苦手…という人がいるのも確かです。

種類や産地の違い

国内産である程度知名度のあるメーカーが作っているごぼう茶であれば大きな違いはないと思います。しかし、これはごぼう茶に限ったことであり、中にはごぼうの種を使った「ゴボウシ」という似たものもあるので注意して選びましょう。

歴史

ごぼうは縄文時代に中国から伝わったとされており、平安時代には重要な野菜としての記録が残されており、このころから食用とされてきたようです。本場中国では食用の他に、ごぼう及びごぼうの種(ゴボウシ)を解毒、解熱、咳止めなどの薬用として用いられてきたという歴史があります。

スポンサードリンク

page top