脳の働きを助けるお茶・ハーブティー

スポンサードリンク

脳の働きを助けるおすすめのお茶・ハーブティー

ハーブティーは脳の働きを助けます

ハーブティーを続けていつまでも若々しい脳を保ちましょう

脳の働きは日常の会話やコミュニケーション、仕事のパフォーマンス、趣味など日常の全てに関わっています。働きをアップさせることにより、人間関係や仕事の質、昇進など全てが上手くいくようになるので、常に意識しておく必要があります。

 

高齢になると脳の機能低下は認知症などを引き起こす要因になることがあるので、40代くらいから意識して脳の機能低下を防いでいくということが大事になります。脳は心身の司令塔であり、最も大事な場所なので、常にその機能を高めることを考えていくことが求められます。

 

脳の機能維持に有効なこととして、新しい楽器や趣味を始めるなどや、脂汗をかくような難しいことにチャレンジすること、抗酸化作用のある食べ物を摂ることなどの手段が有名ですが、ハーブティーを利用することも有効です。ハーブティーには脳血流を改善するものや、脳の老化を抑制するもの、神経伝達物質を調整するものなど、様々な改善効果を発揮してくれるものが用意されています。

脳を働きを助けるハーブティーは?

よく用いられているハーブティーはそば茶、イチョウ葉茶、シベリア人参茶になります。そば茶にはルチンという毛細血管の血流を改善する成分が豊富に含まれていることにより、脳血流を活性化して機能維持に貢献します。イチョウ葉茶には血管を正常に拡張させるという働きにより、脳血流を活性化して脳細胞の活性に効果を発揮します。

 

シベリア人参茶には快楽物質であるβエンドルフィンの分泌を促す作用があり、ストレスによる脳の機能低下を防ぐという働きがあります。これら以外にも、脳の機能維持に役立つハーブティーがあるので、自分に合ったものを選ぶようにするといいでしょう。

 

今、脳の機能維持として注目されているのが「低酸素」です。血流の悪化や睡眠中のイビキなどによって脳が低酸素状態になると、脳細胞が死滅して認知症などのリスクが高まると同時に、日中の脳の活性も低下するということが分かっています。

 

低酸素状態を回避するには、血流を良好にすることと、イビキの原因となるストレスや心身の疲れ、飲みすぎ食べ過ぎを改善することです。各種ハーブティーには血流改善効果のあるものや、ストレス改善、水分代謝改善、胃腸の機能を改善するものなどが各種用意されているので、それらも併せて利用していくことにより、脳機能向上作用を高めることができます。

 

その他、孤独によって脳への刺激が減ってしまうことも脳の機能を低下させてしまう要因となるので、なるべく引き込まらない、孤独にならないように心がけることも大事になります。若い人でも孤独になると脳の機能が低下してしまうので注意するようにします。

脳の働きを助けるお茶の一覧

玄米茶

玄米茶には脳の過興奮を抑制するGABAやテアニン、γオリザノールが含まれています。また、脳血流改善作用のあるビタミンEも含有されています。その他、コレステロールや血糖値も抑制するという働きがあることから、血管や細胞の状態も良好に保たれることになるので相乗効果で効果を高めてくれます。

そば茶

そば茶には脳の記憶細胞を保護するという働きがあります。更に、脳の毛細血管の働きを向上させるという働きも併せ持ちます。これらの働きはそばに含まれているルチンによる効果です。ルチンは同じく脳の老化防止に役立つビタミンCと相性がいいので、一緒に摂取するようにするといいでしょう。

イチョウ葉茶

イチョウ葉にはアセチルコリンを増やし認知機能を改善するという働きがあります。更に脳血流を活発にするという作用もあります。イチョウ葉には血流を阻害して脳梗塞などを引き起こす血栓を防ぐという効果もあるので、血管性の病気による脳へのリスクを低減させることもできます。

シベリア人参茶

脳内にて快楽物質であるβエンドルフィンの分泌を促します。これにより精神が落ち着き、色々なことに対してやる気が出てできます。その他、心身のやる気アップ、内臓機能アップなどの効果もあるので、心身の機能低下が原因の脳機能低下を抑制することもできます。

リンデン茶

フラボノイドが豊富に含有されているので、脳血管及び脳の機能低下を抑制することができます。更に精神安定効果も併せ持ちます。興奮しすぎると活性酸素が脳内に発生して脳の機能低下に繋がるのですが、リンデン茶にはその活性酸素を抑制する作用があります。

スポンサードリンク

page top