ユキノシタ茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

ユキノシタ茶の効果・効能と副作用

ユキノシタ茶の効果効能・副作用

期待できる効果・効能

ユキノシタ茶には抗炎症、殺菌作用があるので、中耳炎や喉の痛み、喉の痛み、胃炎、膀胱炎などを改善するという効果を期待することができます。

 

その他、メラニンの生成を抑制する働きがあることから、シミやソバカス、顔の黒ずみを改善する働きや、カリウムを豊富に含むのでむくみや尿量減少を改善する作用なども併せ持ちます。

 

また、服用する以外にも痔や中耳炎、やけどなどに対して外用して症状緩和に用いるという利用法もあります。

 

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

抗炎症作用や殺菌作用を得たい場合には、なるべく効果が早く出る空腹時に利用するようにします。その他、美肌やむくみなどに用いる場合には、タイミングに制約はありませんので、自分のタイミングで利用するようにします。

 

抗炎症や殺菌、むくみの改善などで利用する場合には、その都度症状がある時に一日2~3回適当に利用するようにします。それ以外、美白や美肌目的で利用する場合には、体内の美白効果が高まる夜間に合わせて、夕食の前後に利用するようにするといいでしょう。

 

副作用

ユキノシタ茶には体の熱を冷ますという働きがあることから、冷え性で頻尿気味、冷え腹による食欲不振、下痢などの症状がある場合には諸症状を悪化させてしまうことがあるので注意して用いるようにします。

 

カリウムを多く含んでいるので、カリウムを排出する腎機能が低下している場合は注意して利用するようにします。

 

ユキノシタ茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

100g入りで2000円~2800円というのが相場となっています。3gで800mlほど作ることができるので、100g2400円で計算すると、1杯(200ml)の価格は約18円になります。

 

選び方のコツ

大手企業から発売されているもので、アフターケアがしっかりしているところの商品を選ぶようにするといいでしょう。ユキノシタ茶という名前で販売されている場合もありますが、多くの場合「甘茶(アマチャ)」という名前で販売されています。

 

味・香り

口に含むとやや甘味を感じます。その後、爽やかな香りが鼻を通り抜けます。ノンカフェインなので安心して利用することができます。

 

種類や産地の違い

流通しているユキノシタ茶のほとんどは日本国内で生産されたものになります。よって、価格差はほぼ一定であり、価格差が生じる要因は企業努力によるものが大きいと考えられます。

 

歴史

ユキノシタは古くから民間薬として利用されてきたという歴史があり、主にやけどや発熱などに用いられてきました。江戸時代には居酒屋の店先にユキノシタが看板代わりに吊り下げられていたということです。

スポンサードリンク

page top