スポンサードリンク

ストレスの軽減や精神安定に用いるお茶・ハーブティー12選

ハーブティーやお茶はストレス軽減や精神安定をやっつけろ

 

 

安眠、リラックス効果があり、イライラや不安感、興奮などを落ち着けるという効果も期待できる、おいしくてよい香りのお茶やハーブティーを紹介します。


 

ストレスや精神安定に作用するお茶の一覧

玄米茶

玄米茶にはリラックス効果を高めるGABAやテアニン、γオリザノールが含まれているので、ストレス改善や精神安定に作用します。玄米茶は温かい湯で煎じると香ばしいお米の香りを楽しむことができます。この香りにもリラックス効果や胃腸の動きを活性化させる作用があります。

 

茶つみの里 お徳用抹茶入り玄米茶

 

 

楽天 Amazon

☆4.5
レビュー(291件)
1,100円

☆4
レビュー(103件)
1,250円

※2022年8月現在

 

 

カモミールティー

カモミールには気持ちを安定させて気持ちを落ち着けるという働きがあるので、安眠、リラックス効果を期待して利用する方が多くなっています。その他、体を温める作用や痛みを和らげる作用などもあるので、冷えや疼痛にストレスを感じている方にもおすすめです。

 

【国産】カモミールジャーマンのおすすめ

 

 

楽天 Amazon

☆4.5
レビュー(46件)
1,700円

☆4
レビュー(106件)
1,700円

※2022年8月現在

 

 

ローズヒップ

ローズヒップの特徴であるビタミンCには、ストレス耐性に関与するホルモンの活性を高めるという作用があります。ストレスを感じると活性酸素が多く発生して老化を促進させてしまう原因になりますが、その活性酸素を抑制するという働きもビタミンCにはあります。

 

AMOMAマタニティブレンド

 

楽天 Amazon

☆4
レビュー(1,637件)
1,999円
送料290円

☆3.5
レビュー(26件)
1,999円

※2022年8月現在

 

 

ラズベリーリーフティー

ラズベリーには全身をリラックスさせるという働きがあります。この作用により、陣痛の緩和、母乳の出をよくする目的などに利用されています。その子宮周辺の血流を促すという作用もあることから、PMSの諸症状改善にも利用することができます。

 

緑茶

緑茶に含まれるテアニンには脳をリラックスさせるα波を増やすという働きがあります。更に、特有の香りと味にもリラックス効果があることが分かっています。このような働きがあるものの、カフェインが含有されているので飲むと症状が悪化するという場合には控えるようにします。

 

トウモロコシの髭茶

トウモロコシの髭には利胆作用がありますが、胆汁には脂質の分解の他に、全身の緊張を緩和するという効果もあります。水分代謝を改善するという働きもあるので、むくみや皮膚炎などがある方の精神症状改善に役立ちます。

 

菊花茶

菊花茶特有の爽やかで甘味のある香りには、ストレスを解消するという働きがあります。その他、血流改善作用もリラックス効果を高めます。特に目や頭部に対する作用が強いので、ストレスによって生じる目の充血や頭痛などの症状がある方におすすめです。

 

ペパーミントティー

ペパーミント特有のメントールの香りには、全身の緊張を改善しリラックスさせるという働きがあります。心身を活性化させるという働きが強いので、うつ傾向がある方やストレスによって疲れてしまっている方、気分転換したい方などに適しています。

 

シベリア人参茶

シベリア人参にはストレス耐性を高める「βエンドルフィン」の分泌を高めるという作用があります。いつも嫌な事ばかり頭に浮かんでくる、うつっぽい感じがなくならない…などの症状で悩んでいる方におすすめです。心身を元気にするという効果もあります。

 

ナツメ茶

ナツメ茶には神経の過敏を取り除き心身をリラックスさせるという働きがあります。この働きによりイライラや不安感の緩和、不眠の改善、疼痛の改善、自律神経のアンバランスによる胃腸症状の改善、緊張性便秘の改善といった効果を得ることができます。

 

リンデン茶

リンデン茶には興奮を抑制し鎮静させるという働きがあります。これにより、緊張や不安、不眠、動悸などの改善に用いられています。ストレスを受けて興奮気味の状態が続いている、不眠傾向、動悸や頭痛が続いているという方におすすめです。

 

レモンバーム茶

レモンバームに含まれる精油には、イライラや不安感などを改善するという働きがあるので、うつ病やパニック障害などに用いられています。更に、胃腸の働きを活性化させるという作用があるので、精神症状にプラスして胃腸の不具合がある方におすすめです。

 

その日のストレスをハーブティーで解消

ストレスは交感神経を刺激して心身に興奮、緊張をもたらします。何か慣れないことをする時や負けることが出来ない戦いなどの時に心身が緊張するのも同じく交感神経の刺激です。

 

交感神経刺激は心身を緊張、興奮させてよりパフォーマンスを高めるのに必要不可欠なことですが、その刺激が四六時中になってしまうと、ずっと走っているのと同じ状態になってしまうので、不眠や動悸、食欲不振などが引き起こされ、長期になると心身共に疲れてしまいうつ病などの原因になります。

 

このようなストレス疾患を予防して精神安定に効果を発揮してくれるのがハーブティーです。日々自分に合ったハーブティーを利用することにより、その日のストレスをその日のうちに解消することができます。

 

ストレスというのは日々積み重なり、ある日突然不快症状が発生することが多いので、今は大丈夫でも油断しないように日々ストレスを解消するという心掛けが大事になります。

 

ハーブティーにはリラックス効果のあるものや、ストレス耐性を高めるものなど多数用意されているので、自分の症状に合ったものを選び対策に繋げていくようにします。

ストレスの軽減や精神安定に効果的なハーブティー

主なハーブティーとしてはカモミールティー、ペパーミントティー、レモンバーム茶になります。カモミールティーには安眠、リラックス効果があり、緊張、興奮した心を穏やかに鎮めてくれるという効果があります。

 

ペパーミントティーには独特な香りがあり、その香りを嗅ぐことによって心身をリフレッシュすることができます。

 

 

レモンバームにはイライラや不安感、興奮などを落ち着けるという働きがあるので、心が安定しないという方におすすめです。以上以外にも、精神的なアンバランスを取り除く作用のあるハーブティーが各種用意されています。

 

ハーブティーを利用しながら、更にその効果を高めてくれるものとしておすすめなのが「運動」です。運動は全身の血流改善及びホルモン分泌、脳細胞の活性などの働きがあります。このような働きにより、運動後は誰しも「心身がスカッとする」「何となく体が軽くなる」などの改善効果を感じることができます。

 

ストレスの最大のデメリットとしてあるのが血流の悪化です。闘争心がある時はまだいいのですが、ストレスから逃げたい…という思いが強くなると、全身が委縮して血流が著しく低下してしまいます。

 

血流の悪化は脳神経、筋肉、内臓全てにダメージを与えて状態を悪化させてしまいます。適度な運動はこのデメリットを解消してくれるので、ストレスを感じた時は運動するようにするといいでしょう。