ハブ茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

ハブ茶の効果効能と効果的な飲み方

ハブ茶の効果効能

ハブ茶の効果・効能

含まれているアントラキノン誘導体には胃や大腸の蠕動運動を促進する働きや、コレステロール低下作用などがあるので、便秘や胃腸の機能低下、脂質異常症、動脈硬化などの予防、改善に効果的です。その他、ビタミンAも豊富に含有されているので、目や皮膚、粘膜の健康維持にも効果的です。

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

脂質異常症や便秘の改善、胃腸の働き改善などの目的で用いる場合には食事の前や就寝前に用いるようにします。その他、動脈硬化の予防や目、皮膚、粘膜の健康維持目的で用いる場合には食事の直後に飲むようにします。

 

続けるコツは体が求めている時に飲むという方法です。朝一番や風呂上り、外出先から帰ってきた時、就寝前など体が水分を欲している時に飲む習慣を付けていると、毎日飲むことが嫌にならなくなることや、吸収率がアップするなどのメリットを得ることができます。

副作用

ハブ茶には腸を刺激する作用により、同時に子宮も刺激してしまうので妊娠中は服用しないようにします。その他、コレステロール低下作用により、体全体のエネルギーの不足を招くことがあるので、体力が低下している方や高齢者、小さいお子さんは体力の低下、免疫力の低下が引き起こされることがあるので注意が必要です。更に、胃腸虚弱がある方は症状が悪化することがあるので注意するようにします。

 

ハブ茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

500gで700円~2400円ほどで流通しています。1回の煎じで10g使い、約400ml作ることができるので、500g1200円で計算すると、コップ1杯200mlのコストは12円になります。

選び方のコツ

便秘を改善するためにハブ茶を選ぶ人が多く傾向にありますが、ハブ茶は腸を刺激するという作用が他の便秘薬ほど大きくないので、癖にならないというメリットがあります。更に脂質異常症や動脈硬化などの改善効果もあるので、普通の便秘薬を飲むなら健康効果の高いハブ茶を選ぶのは賢明です。

味・香り

ほんのりと焙煎したコーヒーのような香りがして、味は甘さと苦さが丁度いい感じにブレンドされた美味しさです。人によっては独特な味が癖になるという方もいます。体にいいのに美味しいという人気のお茶です。

種類や産地の違い

日本産のハブ茶は高く中国産などの外国から輸入されているものは安いという傾向があります。このような傾向があるものの、品質的にはあまり変わらないというのが実際です。ハブ茶という名前以外にもケツメイシという名前でも販売されています。

歴史

ハブ茶の原料となっているエビス草は古くからナイル川流域で栽培され、薬用として人々に利用されてきました。中国ではケツメイシという名で呼ばれ、漢方薬として医学古書に掲載されています。日本には17世紀に中国から伝えられ、民間薬として便秘や目の健康維持目的で利用されてきました。

スポンサードリンク

page top