甜茶の効果と効能

スポンサードリンク

甜茶の効果効能と効果的な飲み方

甜茶の効果効能

期待できる効果・効能

甜茶には特有の「甜茶ポリフェノール」が含まれているので、アレルギー反応を抑制するという効果があります。更に、含まれているルブソシドにはその甘味によって砂糖の代替えになるので、肥満を抑制するという効果を期待することができます。また、歯周病を予防するという作用も併せ持ちます。

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

抗アレルギー効果を期待して利用する場合には、例えば花粉などが飛散する2~3週間前から用いて体質を改善しておくという方法が効果的です。もちろん、症状が出てから利用しても効果があります。その他、肥満抑制は食事の前、歯周病予防は食後に飲むようにします。

 

必ずバラ科の甜茶を選ぶようにします。服用量を増やせば効果が高くなるということはないので、記載してある一日の服用量を守って続けるようにします。飲むタイミングは食事の30分程度にすると吸収がよくなり効果を高めることができます。炎症や痰を取る効果があるので、風邪を引いた時にも利用することができます。

副作用

一般的な抗アレルギー薬などは眠気やふらつき、動悸などの副作用があるとされていますが、甜茶にはこのような副作用は一切ありません。とはいっても、人によっては軽い目や口の渇き、胃痛、肌の痒みなどを訴えることもあるので、その際には一旦利用をやめて様子を見るか、摂取量を減らすなどの対応が必要になります。

 

甜茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

30包入りで300円~1000円で販売されています。1包で300ccほど作れるので、1杯150cc、一箱30包入り600円で計算すると、1包当たりのコストは10円になります。コストの違いは割引率によるものが多いようです。

選び方のコツ

甜茶を選ぶときは中国の企業から直接購入するのではなく、日本の企業が中国から仕入れているものを選ぶようにします。理由は日本向けの商品は品質や安全性が高いことが多いことや、日本の企業は輸入時に検査していることが多いことが理由になります。

 

味・香り

爽やかな緑の香りと甘みが特徴です。甜茶の甘味成分は砂糖の75倍の甘さがあるので、とても甘く感じます。ほんのりではなく結構な甘さがあるので、苦手な方はお湯で薄めて頂くようにします。

種類や産地の違い

甜茶のほとんどは中国の田舎町で栽培されています。農薬などは使われておらず、他の漢方薬同様に大切に作られているというケースが多くなっています。産地による違いなどはあまりなく、品質が均一であるというのが甜茶の特徴です。

歴史

原産地は中国で約5000千年前から健康茶として利用されています。その貴重さ故、国外に持ち出すのが禁止されてきた時期もあります。日本へは高甘味料、低カロリー商品として紹介されましたが、近年、そのアレルギー効果が研究で明らかとなり話題となっています。

スポンサードリンク

page top