杜仲茶の効果と効能

スポンサードリンク

杜仲茶の効果効能と飲むタイミング

杜仲茶の効果効能

杜仲茶の効果効能

杜仲茶にはコレステロールの吸収を抑制する効果や、血圧を低下させる効果があります。更に、体を温める作用や弱った体を改善する、体力低下を伴うめまいを改善するという働きも併せ持ちます。漢方薬では主に老人の足腰の弱りを改善する薬として用いられています。

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

ダイエット効果や血圧降下作用を得るためには食事の直前又は食事中に服用するようにします。その他、冷え性や体力低下、めまい、足腰の弱りを改善するという目的の場合には、一日三回食事の30分くらい前に飲むようにします。胃腸の弱い方は食後に服用することによって負担を減らすことができます。

 

夜の食事の前後又は就寝前に服用するようにすると、腸の蠕動運動が活発になり便秘の解消に効果的なのでおすすめです。便秘が解消されるとダイエット効果や高血圧改善効果、自律神経が整う作用、全身の免疫向上作用などが得られるので、全身が健康になります。

副作用

それほど強い副作用はありませんが、体を温めるという性質があるために、体質的に温かい人やイライラなどがあり興奮気味の人、老化によって体の水分量が低下している人などが服用すると、火照りやのぼせ、頭痛、イライラ、肌の痒みなどの熱症状が出ることがあります。その他、人によっては胃腸障害や発疹などが出ることがあります。

 

杜仲茶の相場と選び方・種類・産地・歴史

相場・コスト

色々なメーカーから発売されていますが、一か月分で500円~2000円(杜仲葉)といった価格帯が一番多くなっています。杜仲茶の多くは杜仲葉から生成されていますが、中には漢方薬同様木の皮から生成されているものもあります。木の皮から生成されたものは一か月分1500円~3000円程度になります。

 

杜仲葉500gを2700円で計算すると、一日大体10g程度なので、一日三回飲用するとすると、一回分が18円という計算になります。

選び方のコツ

杜仲茶を選ぶときのコツとしては信頼あるメーカーのものを選ぶということです。一流メーカーは企業の顏というものがあるので、きちんとした商品を作るという傾向があります。逆によく知らない海外メーカーのものはチョイスしない方が賢明です。

 

味・香り

基本的には、香ばしさの中にほのかな甘みがあるのが杜仲茶の特徴です。味に癖がなくどなたでも飲めるという特徴があります。このような傾向があるものの、栽培地の違いや焙煎の方法によって多少の違いが出てきます。

種類や産地の違い

杜仲茶の種類はメーカーによって異なりますが、基本的には杜仲の木というのは一種類なのでさほど違いはみられないというのが私の意見です。後は農薬を使用や手間などによって価格が違ってきます。大事なのは信頼のおけるメーカーの杜仲茶を選ぶということです。

歴史

杜仲は中国にて4000年前から木の皮を用いて漢方薬として利用されてきました。毎日服用すると長生き出来て副作用の心配がないとされ重宝されてきたという歴史があります。その後、奈良時代から平安時代にかけて日本に渡来して使われるようになったといわれています。

スポンサードリンク

page top