菊花茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

菊花茶の効果効能と効果的な飲み方

菊花茶の効果と効能

菊花茶の効果・効能

菊花茶にはクサンテノンとビタミンA、ビタミンEなどの目の健康維持に役立つ成分が豊富に含有されています。これにより疲れ目や視力低下、目の充血などの症状が改善されます。その他、リラックス作用や痛風の予防、改善、頭痛、アレルギー症状、アンチエイジング、美肌作用などの効果があります。

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

ストレスによる頭痛など、すぐに改善したいという症状がある時には、なるべく空腹時に飲用するようにします。食後に飲んでしまうと食べ物と混ざってしまうために効果の発現が遅くなります。

 

その他、目の健康維持や美肌効果、リラックス効果、アレルギー改善、アンチエイジングなどを目的に利用する時は食後に利用するようにします。痛風は食前の飲用が効果的です。

 

菊花茶には脂溶性ビタミンが豊富に含まれているので、特にこれといった改善目標がない場合には脂溶性ビタミンが吸収されやすい「食後」に摂るようにします。食後の利用はリラックス効果を高めることができるので、自律神経のバランスを整えることができます。

副作用

アレルギー症状を引き起こす可能性があるので、各種アレルギー疾患をお持ちの方は事前に確認してから摂取するようにします。

 

その他、菊花には清熱という働きがあるので、胃腸が弱い方や体質虚弱、冷え性などがある方は、不快症状の悪化や新たな症状を引き起こしてしまうことがあるので、注意しながら用いるようにします。

 

菊花茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

市場に出回っているものは100g700円~2000円と幅があります。一回2gほどを熱い湯に入れて使用します。100g1200円として1回量を計算すると、24円というコストになります。

選び方のコツ

間違いない効果を得たい場合には高価な漢方薬メーカーが販売している菊花茶を利用する必要がありますが、そうでない場合は健康食品メーカーのものを選ぶようにします。安価であっても必ずしも効果が低いということではないので、色々な商品を試してから費用対効果が高いものを選ぶようにします。

味・香り

爽やかで甘味のある花の香りがします。この香りにはストレスを解消する働きがあります。味の方はほんのりとした甘味と苦みが広がりますが、後には何も残らないというスッキリした味わいです。

種類や産地の違い

菊花茶は健康食品のメーカーが販売しているものと、漢方薬メーカーが販売しているケースの二通りがあります。健康食品メーカーのものや安く、漢方薬メーカーのものは高い傾向にあります。漢方薬メーカーの商品は間違いない薬効があるものばかりを選んでいるのでどうしても価格が高額になります。

歴史

日本には奈良時代に中国から持ち込まれたとされており、平安時代ころから王族の宮廷を中心に薬用として利用されるようになりました。その後、平安時代後期から観賞用として栽培されるようになりました。

スポンサードリンク

page top