小豆茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

小豆茶の効果・効能と効果的な飲み方

小豆茶の効果効能

小豆茶の効果・効能

小豆茶には豊富な栄養素が含まれているので様々な健康効果を得ることができます。高い利尿作用があるのでむくみ解消や高血圧の予防に役立ち、更にアミノ酸やビタミンB1、ポリフェノール、鉄などを含んでいるので疲労改善、美肌維持、抗酸化作用、貧血改善などの効果を期待することもできます。また、食物繊維も豊富に含まれていることから、便秘解消効果も得ることができます。

 

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

便通やむくみの改善、美肌のために用いる場合には食事の前などの空腹時に飲むようにし、疲労回復、貧血改善として用いる場合には食後に飲むようにします。胃腸が敏感で下痢や腹痛になることが多いという方も食後に飲むようにします。

 

吸収率が高まる食事の前後に利用するのがおすすめのタイミングです。逆に、就寝前の利用は尿意によって睡眠が妨げられてしまうことがあるので控えるようにします。お腹のことを考えるとホットで飲むようにした方がいいでしょう。

 

副作用

小豆茶には腸を刺激するサポニンや、利尿作用を高めるカリウムが豊富に含まれています。なので、人によっては下痢をしたり、頻尿になったりなどの不快症状が出ることがあります。

 

また、先ほども説明した通りカリウムが豊富に含まれていることから、腎不全などカリウムを排出する働きが低下している場合には、不整脈などが引き起こされることがあるので利用しないようにした方がいいでしょう。

 

小豆茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

5g×30包入りで900円~1500円くらいが相場となっています。1包で500mlを作ることができるので、30包入り1200円、1回170mlで計算すると1杯約13円になります。

 

選び方のコツ

外出先などで手軽に飲みたいという場合にはペットボトル入りの小豆茶が販売されているのでこちらを選ぶようにし、家で楽しみたいという場合には煮出すタイプの小豆茶を選ぶようにします。品質のいいものは雑味がなくスッキリとした飲み心地のものが多いので、なるべく口当たりのいいものを選ぶことが大事になります。

 

味・香り

小豆茶は麦茶の味と香りによく似ています。小豆なので甘いのでは?と思う方がいるかとおもいますが、それほど甘味はありません。麦茶と違う点としてあるのが、皮の渋味が出ていることです。煮出す時間が長くなると小豆がふやけて豆独特の風味と甘みが強くなります。

 

種類や産地の違い

国産や外国産による価格の違いはあまり大きくないという特徴があります。価格差の要因としてあるのが粒や形の違いによります。粒がそろっているものや形がちゃんとしているものは高価で、逆に粒が不揃いで形がいびつなものは安いという傾向があります。

 

歴史

小豆は古くから薬効のある食材として王侯民族にこぞって利用されていたという記述があります。小豆は赤い色をしていることから、食べることで邪気が払われ、身を守る効力があると信じられてきたようです。

スポンサードリンク

page top