黒豆茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

黒豆茶の効果効能と効果的な飲み方

黒豆茶の効果と効能

黒豆茶の効果・効能

黒豆にはアディポネクチンの分泌を活発にする作用があることから、動脈硬化や高血圧、糖尿病のリスクを低下させることができます。

 

更に、抗酸化物質を含むことから、美肌作用や老化防止、関節痛改善などの効果を期待することができます。また、大豆イソフラボンを豊富に含有ことから、更年期障害の改善や骨粗鬆症予防効果も併せ持ちます。

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

動脈硬化や高血圧、糖尿病、老化防止、関節痛予防などを予防、改善する目的で利用する時は、食前や食間などの空腹時に利用するようにします。

 

その他、美肌や更年期障害の症状改善、骨粗鬆症などの予防・改善目的で利用する時は、午後~寝る前にかけて成長ホルモンの分泌が高まる時に飲用するようにします。

 

黒豆茶には沢山の食物繊維が含まれているので、食事の前に飲んでおくと、後から食事によって入ってくる脂質や糖質など肥満の原因になる成分の吸収を抑制できます。この作用により、ダイエット効果や便秘改善効果を発揮してくれます。

副作用

大豆アレルギーがある場合には、黒豆も大豆なのでアレルギーを引き起こすことがあるので副作用に気を付けるようにします。その他、多く摂りすぎると食欲不振や下痢、ホルモンバランスの乱れなどが生じることがあるので、量を守って摂ることが求められます。

 

黒豆茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

30包入りで300円~1200円ほどが相場となっています。1包から約700mlほど作ることができるので、30包入り700円、1杯200mlとして計算すると、1杯約7円というコストになります。

選び方のコツ

風味や味を重視したい場合には日本製を選ぶようにし、単に効能効果だけを重視するという方は安価な外国産を求めるようにします。麦茶などとブレンドしてあるものもあるので、味や効果などを考慮して自分に合ったものを選ぶのがコツになります。

味・香り

黒豆特有の香ばしい香りと、ほんのりと甘い味が特徴です。きなこの美味しそうな風味と似ています。渋味や苦みといった味はほぼないので、小さい子供さんからお年寄りまで利用することができます。

種類や産地の違い

日本製のものは価格が高く、中国などの外国産は価格が安いというのが相場となっています。日本産は人件費が高いというのが一番の理由になりますが、安全性や品質も高いという付加価値もあります。このような傾向がありますが、無理して高いものを選ぶメリットはそれほどありません。

歴史

黒豆は平安時代に栽培されていたとされています。栽培が盛んな丹波や美作地方では、民間療法として古くから咳や喉痛の煮汁を飲んで改善に役立てていたということです。

 

その後、戦国時代や江戸時代にも薬効を期待して利用されてきたという記載があります。また、江戸時代にはおせち料理として黒豆を食べていたという習慣が確立していたということです。

スポンサードリンク

page top