ルイボスティーの効果・効能

スポンサードリンク

ルイボスティーの効果・効能と効果的な飲み方

ルイボスティーの効果と効能

ルイボスティーの効果・効能

ルイボスティーには強い抗酸化作用があるので、活性酸素が原因で引き起こされる肌荒れ、各種アレルギー疾患、血糖値の不安定、高血圧、動脈硬化などの予防、改善に効果的です。特に慢性的なストレスにさらされている方や、栄養バランスが悪い方、不規則な生活習慣を送る方などの諸症状改善に役立ちます。

 

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

一気に大量に飲むのではなく、一日のうち朝・昼・晩・寝る前など数回に分けて摂取する方がルイボスティーの効果を余すことなく得ることができます。また、キンキンに冷やすのではなく常温~ホットの状態で飲む方が胃腸に優しいのでおすすめです。

 

ルイボスティーの効果を余すところなく体内に取り入れるには、食事の30分前に摂取するという方法が効果的です。食後や胃袋に食べ物が残っている状態で摂取すると、どうしても有効成分が吸収されにくくなってしまいます。

副作用

ルイボスティーはノンカフェインでタンニンなどの含有量も少ないこと、体を冷やしたり温めたりという性質が強くないことから、副作用は極めて低いです。

 

とはいっても、どのような物質にもアレルギーがあるのと同じで、ルイボスティーにもアレルギーを起こす人がいることがあるので、アレルギーをお持ちの方は注意しながら用いる必要があります。

 

その他、胃腸が弱い方は胃痛や食欲不振、下痢、便秘などが生じることがあるので様子を見ながら摂取するようにします。

 

人気のルイボスティーの一覧

ビーボ

ベルタルイボスティー

関西鉄工

グリーンルイボスティー

エルバランシア

ルイボスティー

ベルタルイボスティー商品画像

葉酸サプリで有名なBELTAから発売されたルイボスティー。妊活・妊娠・出産中の女性に人気です。

 

単品:4,980円
定期:2,980円

 

グリーンルイボスティー商品画像

鹿児島県有機農業協会のオーガニックJAS認証を取得。非発酵のため高い栄養価のあるルイボスティーです。

 

単品:1,699円
定期:1,499円

 

エルバランシアルイボスティー商品画像

上位1%のスーパーグレードのみ使用した最高品質のルイボスティー。初回購入はサプリメント1袋付き。

 

単品:2,950円
定期:2,360円

 

ティーライフ

ルイボスティー

ノバテック

ルイボスお試し3点セット

アールティー

ルイボスティーお試しセット

ティーライフルイボスティー商品画像

南アフリカ共和国原産のルイボスティーです。蒸気殺菌して成分を抽出するため煮出し時間が短く済みます。

 

お試し:980円
定期:1,980円

 

ノバテックルイボスティー商品画像

高品質の証である「ティーカップマーク」が付いたルイボスティー。お試しセットでは3種類楽しめます。

 

お試し:1,685円
通常:2,407円

 

アールティールイボスティー商品画像

スタンダードなルイボスティーや溶かしてのむパウダータイプなど4種類が楽しめるお試しセットです。

 

お試し:2,250円

 

 

ルイボスティーの相場や選び方・種類、産地、歴史

相場・コスト

ルイボスティーは30包で500円~2000円くらいの価格帯が主流となっています。オーガニックや有機栽培のものは高価な傾向があり、大量生産のものは安価であることが多いです。当然、高価なモノの方が風味が高く味も美味しいということがいえます。

 

3g*30包入り1500円で一杯当たりの価格を計算すると、1包で1.5L作ることが出来るので、コップ一杯200mgで約7円で楽しめます。

選び方のコツ

一番はオーガニックで鮮度のいい製品ですが、価格と相談しないと続けることはできません。安価なものが必ずしも質が悪い商品ということではありませんので、安価であっても質の良い商品であればそれが一番いいということになります。

 

味・香り

ルイボスティーの味と香りは小さなお子様からお年寄りまで万遍なく好まれています。味はほんのり甘く後味すっきりでしつこくありません。香りの方もちょっと甘いような独特な香りで嫌味がありません。一言でいうと「癖がなく飲みやすい」というのがルイボスティーです。

種類や産地の違い

ルイボスティーを選ぶ際に一番大事なのは「鮮度」です。なるべく生成されてから半年以内のものを選ぶようにしましょう。鮮度が落ちてしまうとルイボスティーの最大の特徴である抗酸化作用が低下してしまいます。

歴史

南アフリカの先住民が古くから日常的に愛飲していたとされています。18世紀後半に南アフリカを訪れた植物学者が世界に広めたということです。その後、1930年年ごろから人工栽培がスタートして現在に至っています。

スポンサードリンク

page top