そば茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

そば茶の効果効能と効果的な飲み方

そば茶の効果と効能

そば茶の効果・効能

そば茶にはルチンという成分が豊富に含有されています。ルチンには毛細血管の血流を改善する効果や、毛細血管にて栄養素の交換をスムーズにする効果、記憶細胞の保護効果などがあります。

 

これにより高血圧や動脈硬化予防、血管からの出血を予防、利尿作用、痴呆予防効果などを得ることができます。その他、美肌効果やアンチエイジング効果なども併せ持ちます。

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

そば茶に含まれる有効成分ルチンにはビタミンCと相性がいいという性質があります。吸収や効果が高くなるので、一緒に摂るようにしましょう。血管や肌への健康効果がアップします。

 

そば茶の有効成分の吸収率を上げるためには、空腹時に飲むことが大事になります。食後などで食べ物と混ざり合ってしまうと、有効成分が食物繊維などに絡め取られてしまうからです。一日2~3回食間又は食前に利用するようにしましょう。

副作用

有名なのが「そばアレルギー」です。死に至ることもあるので、アレルギーがある方は注意して用いるようにします。その他は重篤な副作用などはありませんが、利尿作用があるので、頻尿が引き起こされることがあります。

 

そば茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

100gで250円~500円ほどが相場となっています。1回6gで450mlほど作れるので、100g400円、1杯200mlで計算すると、1杯約11円というコストになります。まとめて買うともっとお得になります。

選び方のコツ

毛細血管の健康維持効果があるルチンの作用を期待したい場合には、含有量の多い韃靼そばを選ぶようにします。その他、美肌作用やアンチエイジング作用を期待する場合には、普通のそば茶でいいでしょう。コスト面などもあるので、自分に合ったものを選ぶことが大事になります。

味・香り

味は皆さんが知っているソバの香ばしい味がします。香りの方はほぼありませんが、何となく安心するようなそば独特の香りがします。おそばが好き!という人であれば必ずハマる味と香りです。

種類や産地の違い

流通しているそば茶には、普通のそば茶と韃靼そば茶とがあり、韃靼そば茶の方が25%ほど高くなっています。韃靼そばは普通のそば茶と比べて、ルチンの含有量が100倍にもなるといわれています。

歴史

ソバは日本では8世紀頃に初めて栽培され、ヨーロッパなどには15世紀に伝わったとされています。その後、ソバは世界各国で栽培されており、日本国内に出回っているソバのほとんどは外国産だといわれています。

スポンサードリンク

page top