柿の葉茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

柿の葉茶の効果・効能・副作用

柿の葉茶の効果効能、副作用

期待できる効果・効能

柿の葉茶にはビタミンCとタンニンが含まれています。これら成分により、老化防止作用や下痢の改善、血液の流れを改善する作用、血圧安定、美肌作用、美白作用、動脈硬化抑制作用などの効果を期待することができます。

 

更に、漢方薬では生薬名「柿蒂(シテイ)」と呼ばれ、胃の冷えやそれに伴うしゃっくりの緩和に利用されています。

 

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

胃腸の冷えやそれに伴うしゃっくりの改善、下痢症を治すという目的で利用する場合には、なるべく空腹時に利用するようにします。

 

その他、血圧安定や美肌作用、美白作用、動脈硬化抑制などの目的で利用する場合には特に制約はないので、自分のタイミングで飲用するようにします。

 

柿の葉茶には鉄の吸収を妨げるタンニンが含まれているので、なるべく食事の直前又は直後には飲用しないよう心掛けるようにします。おすすめのタイミングとしては食間です。10時、3時、寝る前などのタイミングで用いるようにしましょう。

 

副作用

柿の葉茶に含まれているタンニンには鉄の吸収を阻害するという作用があるので、貧血がある場合や、鉄剤を服用している場合には飲むのを控えるようにした方がいいでしょう。

 

また、タンニンには細胞を引き締めるという作用があることから、人によっては便秘になることがあります。よって、便秘気味の方や慢性的に便秘症がある方は、便秘を悪化させてしまうことがあるので注意しながら利用するようにします。

 

柿の葉茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

3g×30包で650円~1500円が相場となっています。1包で2杯淹れることができるので、30包入りを1100円とすると、1杯が約18円というコストになります。鍋で作ると1包で500ml作ることができるので、1杯170mlあたり12円になります。

 

選び方のコツ

昔から営業していて、ある程度規模の大きい品質とアフターケアが充実している販売業者を選ぶようにします。安かろう悪かろうということはありませんので、販売している業者が信頼出来れば信頼して購入することができます。

 

味・香り

ほんのりとした酸味に渋味がプラスされた味が特徴です。この酸味と渋味はほのかに感じるという程度なので、癖がなくどなたでも嫌がることなく続けることができます。香りの方は若干香ばしい感じでリラックスできます。

 

種類や産地の違い

無農薬栽培しているものは高価となり、その他のものは安価になります。よって、品質を気にするという方は高価で無農薬のものを利用するようにした方がいいでしょう。

 

歴史

中国の漢の時代に一般の方々にお茶として浸透していたということです。日本では江戸時代に酒の毒消しや口の渇きを止める民間薬として使われていたという記述が残されています。

スポンサードリンク

page top