ハーブティー・健康茶は飲み続けても平気?

スポンサードリンク

ハーブティー、健康茶はずっと飲み続けても平気?

健康茶やハーブティーは飲み続けていて平気か?

健康維持や美容のためにハーブティー、健康茶を利用している方はとても多くなっています。多くの方が長期に渡り服用していて、その作用を実感しています。このように長期に渡って続けている時に気になるのが「飲み続けても平気?」という点です。健康のために続けているのにもしかしたら逆に健康を害しているということもあるので注意が必要です。

 

長期に渡って続けても大丈夫?

基本的には「体に合っている」のならば問題はありません。緑茶も健康茶の一種ですが、緑茶をずっと飲んでいてもこれといった不快症状が生じないことで証明できるように、その人に合ってさえいれば何十年に渡り飲用し続けても全く問題ありません。そればかりか、続けることによる健康効果を得つづけることが出来るので、いい効果を実感している場合には続けるようにすることが健康の秘訣になります。

 

不快症状の改善のために続けている場合には

例えば肌荒れの改善や便秘の改善の目的に利用しているとします。飲用を続けたことにより無事症状が改善した場合には、そこで飲用をやめるべきか、それとも予防として続けるべきか迷うところです。このような時にどうすればいいのかというと、「どちらでもいい」というのが答えになります。

 

症状が改善したのならば体に合っていると考えることができるので、そのまま予防として続けてもいいのですが、例えば便秘を改善する作用のあるハーブティーの場合には、改善した後も服用し続けることによって下痢を引き起こしてしまうことがあります。このような場合には治った段階で服用をやめるべきであり、予防として続ける必要はありません。このようにケースバイケース、その時の症状によってどうするか決めるようにします。

 

急に体質が変わってしまった時の対処法

人間の体というのは冷え性の方もいれば暑がりの方もいるように、人それぞれ体質というものがあります。この体質を改善しようとハーブティー、健康茶を利用している方も多いのですが、突如体質が変わってしまうことがあります。例えば冷え性改善のために体を温める作用のある健康茶を利用していたものの、急に体質が暑がりに変わってしまうということがあります。

 

このような時は、体質が変わったので速やかに健康茶の飲用をやめ様子をみるようにします。体質は成長期や更年期、生活習慣の変化、ストレス、慢性病。加齢などによって変化します。この変化に応じたハーブティー、健康茶を用いることが健康維持に繋がります。体が変わっているのにも関わらず、合っていないものを続けてしまうと不快症状をもたらすことがあるので注意が必要です。

 

時には専門家に相談することも必要

基本的にハーブティーや健康茶は食品なので、自分の判断で購入し利用することができます。しかし、ものによっては薬に近い働きを持つものもありますので、自分に合っているかどうか疑問に思った時には、ハーブティーや健康茶、漢方の知識を持った専門家に相談するようにします。専門家はきちんとした知識があり、どのような成分のものが合っているのか判断してくれるので信頼することができます。特に、先ほども説明しましたが成長期や更年期、ストレス、慢性病、加齢など「体質が変わる時」には自分に合ったハーブティー、健康茶を選ぶことが難しくなるので相談するようにした方がいいでしょう。

スポンサードリンク

page top