サフラン茶の効果・効能・副作用

スポンサードリンク

サフラン茶の効果・効能と副作用

サフラン茶の効果効能、副作用

期待できる効果・効能

サフラン茶には女性特有の更年期障害や生理痛、月経前症候群、月経過多、無月経、冷え性などの症状に対して改善効果があります。また、不眠症や頭痛、めまい、ストレスによるイライラ、不安感などの症状にも効果的です。

 

その他、サフラン茶に含まれるクロシンという成分には海馬の神経細胞に作用して記憶障害を改善するという働きがあることから、物忘れや認知症、うつ病の改善に対して効果があるといわれています。

 

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

1日に2回ほど食事の前に摂取するという方法がスタンダードです。朝ごはんと夜ご飯の前に飲むようにします。その他、生理痛や頭痛、冷え性などの改善として症状が出た時だけ利用するという方法もあります。

 

ゆっくりと眠りたい…という時は就寝前に利用するようにするといいでしょう。寝る前に飲むと体が温まり全身がリラックスします。更に脳神経もリラックスさせるという効果もあるので不安感や心配事なども忘れて眠りにつくことができます。

 

副作用

サフラン茶は過剰摂取すると命に関わる重篤な副作用を引き起こすことがあるので、一日5g以上は絶対に摂取しないように注意する必要があります(一日100g程度が目安)。適切な量であっても、授乳中や妊娠の摂取は安全性が確認されていないので利用しないようにします。その他、オリーブ属やオカヒジキ属、ドクムギ属の植物にアレルギーがある場合は用いてはなりません。

 

サフラン茶の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

2g×30包入りで3000円~4000円程度が相場となっています。1包で2杯淹れることができるので、30包入り3500円で計算すると、1杯当たりのコストは約58円になります。

 

選び方のコツ

出来れば日本の大手メーカーから販売されているものを選ぶようにすると、安全性及び品質に安心が持てます。外国メーカーのものが質が悪く安全性も低いということではありませんが、日本メーカーの方が質が高いというのは間違いありません。

 

味・香り

味は薄くかすかな苦みがあるのが特徴です。香りの方は独特でスパイスのような刺激的な香りがあります。このような特徴があるものの、嫌な感じではないので抵抗なく続けることができます。

 

種類や産地の違い

原料の仕入れは外国産のものがほとんどを占めています。加工に手間がかからないバラで包装されているものは安く、ティーパック式になっているものは少し高めになっています。品質のバラつきは多少ありますが、それほど神経質にならなくてもいいでしょう。

 

歴史

サフランは紀元前より香辛料や染料として利用されてきました。古代ギリシャではサフランで着色された黄色い物が珍重されていたということです。日本へは江戸時代末期に伝来して漢方薬として利用されてきたという歴史があります。

スポンサードリンク

page top