マテ茶の効果・効能

スポンサードリンク

マテ茶の効果・効能と効果的な飲み方

マテ茶の効果効能

マテ茶の効果・効能

マテ茶には脂肪の吸収を促進する消化酵素の働きを阻害する働きがるので、「脂肪の吸収を抑制する」という働きがあります。この働きにより、肥満防止、コレステロールを下げる、動脈硬化の予防といった効果を期待することができます。

 

また、血管を拡張させて血圧を下げる働きや、ミネラルやビタミンを豊富に含んでいるので野菜不足解消に役立つなどの効果も併せ持ちます。

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

マテ茶のダイエット効果、脂質異常症改善、動脈硬化予防効果を得るには食事の直前又は食事中に飲むようにします。こうすることによって、脂質の吸収を抑制することができます。

 

その他、野菜不足を補う目的や高血圧予防で用いる場合には、特にこの時間帯というのはないので、自分のタイミングで摂取するようにします。

 

マテ茶にはビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれているので、食前に摂取することにより食欲を抑制することができます。

 

現代は食べ過ぎによる病気(糖尿病、高血圧、脂質異常症など)が増えているという現状があるので、これら病気を予防する意味でも食前にマテ茶を飲む習慣を付けるということをおすすめします。

副作用

マテ茶にはカフェインが含まれていますので、カフェイン過敏症の方や妊娠・授乳中の方は控える必要があります。また、アルコールと併用することにより発ガン危険性が増すともいわれているので、アルコールとの併用は避けるようにします。更に、アルカロイドという天然の毒性物質も多く含まれていることから、飲み過ぎには注意する必要があります。

 

マテ茶の費用や選び方のコツ・味や種類・歴史

費用・コスト

100包入りで1000円前後が相場です。急須にて淹れる場合は1包で2杯ほど楽しむことができるので、一杯当たり約5円で楽しむことができます。お湯で沸かして作る場合には2包で1.5Lほど作ることができるので、1杯100mlで換算すると、1杯当たり1.3円で楽しむことができます。

選び方のコツ

商品を選ぶコツとしては信頼のおけるメーカーのものを選んだり、レビューなど実際に利用した方の声を参考にするという方法です。また、味の方も大事になるので、色々と試してみて自分の好みの味のマテ茶を選ぶようにすることが大事です。

 

味・香り

マテ茶にはグリーンマテ茶とローストマテ茶があります。日本茶に例えると茶葉を揉んで乾燥させただけの緑茶と同じなのがグリーンマテ茶で、ほうじ茶のように焙煎しているのがローストマテ茶です。

 

グリーンマテ茶は飲んだ瞬間にスッキリ爽やかな若い味わいが広がり、その後に緑茶のようにちょっと渋味と苦みが残るのが特徴です。ローストマテ茶は焙煎しているので渋味や苦みがほとんどありません。少しの香ばしさと甘味があり、癖がなくどなたでも楽しむことができます。

種類や産地の違い

ほぼ南米のみでマテの葉から生成されるお茶なので、産地による違いはほとんどありません。価格による違いは大量に仕入れるか少量を仕入れるか、オーガニックで生成しているかどうかによって決まります。現在は安価でいい製品が出回っているので、安いからといって悪い商品ということはありません。

歴史

ブラジル、アルゼンチン、パラグアイなどの南米が発祥だとされており、「活力をもたらすもの」として飲用し始めたのが始まりだとされています。それから現代まで家庭的な飲料として親しまれています。マテ茶はコーヒー、紅茶と並んで世界三大飲料の一つとなっています。

スポンサードリンク

page top