プーアル茶の効果効能

スポンサードリンク

プーアル茶の効能効果とおすすめな飲み方

プーアル茶の効果効能

期待できる効果・効能

プーアル茶には脂肪燃焼効果があるのでダイエット効果と脂質異常症を改善する効果を期待することができます。主に、食べたものに含まれる脂質を吸収されにくい状態にする働きによって効果を発揮します。

 

その他、腸内環境改善、便秘改善、血流改善、抗アレルギー、冷え性改善、血糖値改善などの効果を期待することができます。

効果的な飲み方とおすすめのタイミング

ダイエット及び脂質異常症改善のためにプーアル茶を用いる場合には、食事の後や運動前に飲むようにします。そうすることで、食事によって入ってくる脂質の吸収を抑制する効果や、運動時の脂肪燃焼効果を高めることができます。温かいプーアル茶の方が効果的です。

 

朝食の時に用いると、体を温めて血液の循環がよくなり心身がリフレッシュされやる気が出るのでおすすめです。逆に、睡眠3時間前からはカフェインの作用により夜眠れなくなる恐れが出てくるのでなるべく避けるようにします。

副作用

適度に用いる分には特に気にすべき副作用はありません。しかし、カフェインが含まれているので、人によっては胃痛や不眠、頻尿などの不快症状が出ることもあります。また、シュウ酸が含まれているので、飲みすぎると腎臓結石や尿路結石の原因になることもあります。

 

プーアル茶の相場や選び方・種類と歴史

相場・コスト

プーアル茶は非常に価格差の大きいのが特徴です。なぜ価格差があるのかというと、それは茶葉の元となる樹の樹齢によって異なることと(古くて価値のあるものほど高価)、熟成の年数によって異なる(古いほど高い。10年以上は特に高価)という傾向があるからです。

 

通常、100g1000~2000円程度ですが、高いものだと3000~5000円になることもあります。およそ3gのティーパックで2杯分のプーアル茶を楽しむことができます。

 

3g×30包入りで1000円~2000円となるので、1500円とすると一杯あたりざっと25円という計算になります。

選び方のコツ

血液の循環が悪いことが原因で生じる肥満、アレルギー、冷え性、便秘などの症状改善を目的として用いる場合には熟成が進んだ「熟茶」を利用し、口臭や腸内環境の改善や、苦みが好きな人は「生茶」を用いるようにします。また、長期に渡って続ける場合にはコスト面も大事になってくるので、その辺も考慮しながら自分に合ったプーアル茶を選ぶことが求められます。

味・香り

プーアル茶(熟茶)は十分に発酵しているので、褐色をしており独特の甘みと柔らかなとろみがあるのが特徴です。一方で、生茶は熟成があまり進んでいないので、黄色をしており苦みと渋味があるのが特徴です。

種類や産地の違い

一般的に高級なものほど老木から作られています。老木から作られるプーアル茶はミネラル濃度が極めて高いという特徴があるので、血液循環、抗アレルギー効果、便秘改善効果、ダイエット効果が高いといわれています。

歴史

プーアル茶の発生は唐(西暦618-907年)の時代だとされています。当時のお茶は単に緑茶に使われる茶葉を天日干しにしただけといわれていますが、輸送に時間がかかりその過程で熟成発行されプーアル茶になったと考えられています。清代には雲南からの貢物と指定され、朝廷でも愛飲さていたようです。

スポンサードリンク

page top